教員紹介

銭谷 秋生(ぜにや あきお)

銭谷秋生

【 受験生へのメッセージ 】

大学での学びは、それまでの自分のものの見方や考え方を点検し、必要に応じて組み替え、確立していく、そのような貴重な機会になると思います。

担当科目

哲学のみちしるべ、倫理学

学歴(取得学位)

学習院大学人文科学研究科博士課程単位取得退学 哲学修士 (1980年)

研究分野

哲学・倫理学

研究テーマ

心とは何であり、それは身体とどのように関わっているのか、という「心の哲学」の問題を研究しています。

倫理学の成立根拠を研究しています。

主な研究業績

区分

著書・学術論文等の名称

単著
/共著

発行所、発表雑誌等の名称

発行又は

発表年

論文

コースガードの反省的認証説について

単著

茨城キリスト教大学紀要 Nr.39

2005

論文

利他主義・利己主義・独我論――トマス・ネーゲルと『行為の理由』の問題

単著

茨城キリスト教大学紀要 Nr.40

2006

論文

道徳的判断と動機付けの結びつきについて

単著

茨城キリスト教大学紀要 Nr.42

2008

論文

カント主義的倫理理論が受けている二つの挑戦について(1)(2)

単著

秋田大学『教養基礎教育研究年報』Nr.13、14

2011・2012

論文

内的理由と外的理由:再考

単著

秋田大学『教養基礎教育研究年報』Nr.15

2013

論文

生命への介入はどこまで許されるのか

単著

『日本看護研究学会雑誌』Nr.37

2014

論文

道具的実践理性について

単著

『日本カント研究』Nr.15

2014

論文

行為と行為者性

単著

秋田大学『教養基礎教育研究年報』Nr.17

2015

論文

カントは倫理的直観主義者だったのか?

単著

秋田大学『教養基礎教育研究年報』Nr.18

2016

論文

カント『道徳形而上学の基礎づけ』と理性の事実

単著

秋田大学『教養基礎教育研究年報』Nr.19

2017

学会・社会活動

  • 学会
    日本哲学会
    日本倫理学会
    日本カント協会
  • 社会活動
    秋田県公立高等学校入試者選抜制度検討委員会委員長(2011年)
    秋田県高等学校再編整備構想検討委員会委員長(2012年~2013年)

その他(資格、賞など)