履修ガイド

履修登録

履修ガイダンス

履修に関する説明は、学期の始めに実施します。当該年度の連絡・諸注意及び履修指導をするので、必ず出席してください。

履修登録の手順

  1. 学期始めに実施する学部・学年別ガイダンスに必ず出席してください。
    (時間割表の配布、履修届出用紙の配布、履修上の注意)
  2. 時間割表に従い、各自の時間割表を作成してください。
    (各自の時間割表を作成)
  3. 履修する科目を時間割表と照合して履修届出用紙に記入してください。[正確、丁寧に記入してください]
    (履修届出用紙に記入)
  4. 履修届出用紙を提出してください。
    (教務学生課へ履修届出用紙提出)
  5. 履修登録した科目が正確に登録されているか確認してください。
    (履修確認表で確認のうえ、変更・訂正がある場合は、手続してください。)

履修登録に関する注意事項

  1. 卒業要件は、学則により卒業所要単位数が決められており、極めて厳格なものであることから1単位でも不足していると卒業することはできません。
  2. 当該年度に履修しようとする科目は、履修届出用紙に必要事項を記入し、指定期間内に登録してください。
  3. 原則、1~3年生は履修登録の上限が46単位です。4年生は履修登録の上限がありません。
    「ノースアジア大学履修科目の登録の上限に関する細則」を参照ください)※平成28年度入学者から
  4. 必修科目は、卒業するために必要な科目であることから必ず修得しなければなりません。
  5. クラス区分されている科目は、原則として指定された時限を履修してください。
  6. 科目の選択は原則的に自由ですが、各年次配当の科目にあたっては第一に必修科目の履修が不足していないかを調べ、次に選択科目を履修するようにしてください。
  7. 不合格、履修放棄等の理由で下級年次に配当されている科目を履修する場合は再履修となり、履修登録が必要となります。
  8. 履修しようとする科目が時間割表上で重複する場合、いずれか一方を選択しなければなりません。
  9. 当該年度休講となる科目を履修することはできません。
  10. 一度届け出た科目を変更、取り消し、追加する場合は、履修登録確認日に届け出てください。
  11. 履修登録について、不明な点があれば遠慮なく教務学生課に確認してください。
    ※通年科目は取り消すことができません。

授業科目の内容区分

経済学部・法学部で開講している科目は、4年間の学習を系統的に行うため各年次に配当し、その内容区分は次のようになっています。
※内容については、経済学部・法学部各科目紹介の箇所を参照。

  • 総合科目群
  • 専門科目群
  • 教職科目(経済学部)

単位制

本学の教育課程は、単位制を取っており、学生が所要の科目を履修し、その試験に合格したときに所定の単位を与えます。※本学学則第13条参照
単位制とは、各授業科目で定められている単位数を、これらの科目を履修して合格することによって修得する制度のことをいいます。

授業

学期

本学は、前学期(4月~9月)と後学期(10月~3月)となっており、各学期内の詳細については掲示等で連絡します。

授業時間

授業は、90分を1時限とし、時間区分は次のとおりです。

 
第1時限 第2時限 第3時限 第4時限 第5時限
9:00 ~ 10:30 10:40 ~ 12:10 13:00 ~ 14:30 14:40 ~ 16:10 16:20 ~ 17:50

本学の開講科目は、前期、後期を通しておこなう「通年科目」及び前期だけの「前期科目」、後期だけの「後期科目」かあります。なお、第6時限(18:20 ~ 19:30)に授業を行ったり、長期休業中に集中講義を行うこともあります。

出席

授業の出席は学生の本分であり、成績評価の対象になるので、履修登録した授業には必ず出席してください。
なお、次の点に注意してください。

  1. 各科目の出席について、出席すべき時間数(試験日を除く)の1/3以上欠席した場合、その科目の試験を受けることができません。
  2. 長期間欠席しなければならない場合は、「休学」することができます。休学期間は「通年」「前期」「後期」の3種類となります。手続きについては、教務学生課へ申し出てください。なお、休学期間は、在学年限に算入しません。

授業中のモラル

授業を受ける際に、次のことを厳守してください。守らない学生に対しては、教員が注意を喚起し、また氏名等を確認の上教場からの退室を命じるなど厳格に対処します。場合によっては、学則に従い処分することもあります。

  1. 授業中の私語厳禁
  2. 授業中の飲食厳禁
  3. 授集中の携帯電話等の使用厳禁
  4. 周囲に不快感を与えない学生らしい身だしなみ(脱帽等)

試験

本学において実施する試験は、定期試験、追試験、再試験があります。但し、科目によっては、定期試験以外に期末のみ実施する試験やレポート、ノート提出などその他の方法によって成績評価を実施する場合があります。

定期試験

年度内に前期試験及び後期試験の原則2回実施します。試験の実施については、授業時または、別途掲示等でお知らせします。

追試験

正当な理由(病気・事故など)で試験を欠席した際に、試験日を含めて1週間以内にその事由を具して願い出た場合に実施する試験です。「試験欠席届」の用紙は教務学生課にあります。なお、追試験の成績は、得点の8割とします。追再試験受験者は、受験料を別途納付してください。

再試験

試験終了後、単位認定できなかった学生を対象に試験を実施することがあります。再試験受験者は、受験料を別途納付してください。再試験の成績は、60点以上が可、59点以下が不可となります。

その他試験に関すること

科目担当教員により授業の中で連絡する場合もあるので間違いのないよう注意してください。すでに、発表した試験日程等について変更する場合もあるので、発表後も掲示に注意してください。

受験に関する注意事項

次に該当する場合は、受験することができません。

  1. 当該科目の履修登録をしていない場合。
  2. 当該科目の授業を1/3以上欠席した場合。
  3. 授業料、その他納入金未納の場合。
  4. 試験場において、学生証を机上に提示しない場合。
    ※学生証を忘れた場合は、教務学生課へ申し出て仮受験票の交付を受けること。ただし、仮受験票の交付は試験期間中1回限りとする。
  5. 休学又は停学中の場合。
  6. 次に該当する場合は、失格または無効となります。
    指定された日時及び教場以外の受験や、時間割の見誤りによって受験できなかった場合。
  7. 無記名答案を提出した場合。
  8. 試験開始後、20分以上遅刻した場合。

受験の心得

  1. 受験中、学生証を必ず机上に提示してください。
  2. 試験場では、常に監督者の指示に従ってください。また、試験場では、常に静粛にしてください。
  3. 試験開始から20分以後の入室及び30分経過するまでの退室は認めません。
  4. 答案用紙には、必ず年次、クラス、学生証番号、氏名を明記してください。
  5. 受験の際、参考書・テキスト・ノート等の使用を許可されている科目については監督者の指示に従ってください。これらの貸借は、不正行為とみなされることがあるので注意してください。
  6. 答案用紙の持ち出しは厳禁です。
  7. 答案用紙提出後は、全ての持ち物を持って退室してください。

不正行為

不正行為をした学生については、退室を命じ学則により厳重に処分します。

  1. 監督者の指示に従わないとき。
  2. 身代わり受験をしたとき、及び身代わり受験を依頼したとき。
  3. 許可なく物品、教科書、ノート類を貸借したとき。
  4. 他人の答案をのぞき見て写したとき、及び写させたとき。
  5. 試験の内容に関して私語をしたとき。
  6. 持込許可のない教科書、ノート、参考書、辞書等を参照したとき。
  7. 持込許可であっても、故意に書き込んだものを参照したとき。
  8. 予め机上に書き込みをしたときや、カンニングペーパー等を用意又は使用したとき。
  9. 試験中、通信機器を用いて交信したとき。
  10. その他、予め監督者が不正行為と指定したとき。

レポート提出の注意

レポート課題が課される場合は、担当教員の指示に従い提出期限、提出先を確認し指示どおりに提出してください。

提出方法
  1. 指定による原稿用紙又はレポート用紙を使用し、表紙をつけてください。
  2. 表紙には、科目名、担当者名、題名、学部、学科、学年、学生証番号、氏名を楷書で丁寧に記入してください。
  3. 提出の際は、ホチキス等で綴じてください。
  4. レポート受付期間、提出先は掲示等により指示するので厳守の上提出してください。

 

学業成績

成績については、定期試験、授業の小テスト、レポート課題、受講態度、貢献度、その他教員の指示する方法等によって総合的に評価し、各科目担当教員が単位認定します。
単位認定の評価基準は、次のとおりです。

平成28年度からの入学者
 
判定 合格 不合格
評価 不可
点数 100 点~ 90 点 89 点~ 80 点 79 点~ 70 点 69 点~ 60 点 59 点以下
注意事項
  1. 合格(単位認定)した科目について単位の取り消し、再履修、再受験はできません。
  2. 不合格(不可)の必修科目は、次年度以降に再履修しなければなりません。
  3. 授業料等納付金が未納である場合は、単位認定を受けられません。
進級

2年次終了において、修得単位数が50単位未満の場合は、3年次に進級できません。

成績通知

当該年度履修した科目の成績は、前期終了の科目は9月下旬、後期終了科目及び通年科目は翌年度3月下旬に成績を通知します。

学位

取得可能な学位名
  • 経済学部 学士(経済学)
  • 法学部 学士(法学)

卒業要件

卒業所要単位数(平成28年度からの入学者)
経済学部及び法学部を卒業するには、次の表に示す卒業所要単位を修得してください。

経済学部

 
科目区分 卒業所要単位数
総合科目群 必修科目

6単位
「総合科目I」「総合科目II」「コンピュータ入門」

選択必修科目

4単位以上
外国語科目の中から

選択科目

8単位以上

専門科目群 必修科目

10単位
「現代経済入門」「経済学入門」「ゼミナールⅠ」「ゼミナールⅡ」「ゼミナールⅢ」

選択科目

96単位以上

合計

124単位以上

◆ 経済学部履修モデル

◆ 教職に関する履修モデル

法学部

・法律学科

 
科目区分 卒業所要単位数
総合科目群 必修科目

4単位
「学生生活入門Ⅰ」「学生生活入門Ⅱ」

選択必修科目

4単位以上
外国語科目の中から

選択科目

10単位以上

専門科目群 必修科目

12単位
「憲法入門」「民法入門」「刑法入門」「ゼミナールⅠ」
「ゼミナールⅡ」「ゼミナールⅢ(卒業試験を含む) 」

選択科目

94単位以上

合計

124単位以上

◆ 法律学科 履修モデル

 

・観光学科

 
科目区分 卒業所要単位数
総合科目群 必修科目

4単位
「学生生活入門Ⅰ」「学生生活入門Ⅱ」

選択必修科目

6単位以上
「英語I」「英語II」「英語III」「初級英会話」「中級英会話」「上級英会話」「英文リーディング. ライティング」から6単位以上を修得

選択科目

8単位以上

専門科目群 必修科目

12単位
「観光法規」「観光論入門I」「観光英語I」「ゼミナールⅠ」「ゼミナールⅡ」「ゼミナールⅢ(卒業試験を含む)」

選択必修科目

14単位以上
「TOEIC I」「TOEIC II」「英検 I」「英検 II」「観光英語」「TOEIC冬期キャンプ」「英検集中キャンプ 」「ハングル検定A」「ハングル検定B」「中国語検定A」「中国語検定B」「スペイン語入門Ⅰ」「スペイン語入門Ⅱ」「フランス語入門」「海外語学研修」から14単位以上を修得

選択科目

80単位以上

合計

124単位以上

◆ 観光学科 履修モデル

卒業

本学に4年以上在学し所定の科目の単位を修得して卒業資格を得た者には、卒業証書を授与し、次の学士の学位を授与します。

  • 経済学部 学士(経済学)
  • 法学部 学士(法学)

※なお、卒業資格を得た学生は、3月上旬に卒業確定者として掲示にて発表します。

卒業延期者の取扱い

休学等による修業年限不足、又は修得単位不足による卒業延期者の卒業期は、翌学年度の前期の終わり、または学年度末とします。この場合、翌学年度の履修登録を行い、半期または通期分の学費納入を納入しなければなりません。

卒業見込証明書の発行基準

3年次終了時の修得合計単位数が、80単位以上の学生に4年次へ進級後に発行することとします。
※卒業見込証明書は、就職活動に必要な書類であることから注意してください。

学業優秀者

  1. 学業奨学生
    学業成績が優秀な学生は、各年度毎に学業奨学生として認定され、1年間の授業料の全額あるいは半額が免除されます。
  2. 理事長賞・学業賞等
    在学中、操行善良、学業成績優秀で学生の模範と認められる学生には、卒業の際に理事長賞・学業賞等で表彰することがあります。

GPA (Grade Point Average)

取得した単位の「質」を数値化したものです。履修登録した単位数のうち、秀の単位数に4点、優の単位数に3点、良の単位数に2点、可の単位数に1点をそれぞれ乗じ、その合計ポイントを履修単位数の総和で除したもので、満点が4.00ポイントになります。
これにより自分自身の学習成果を客観的に把握することができるようになります。

学部間の単位互換

この制度は、学生が所属している学部・学科を越えて開講されている科目を履修し各学部の定めにより単位として認定されます。学部学科間で履修できる授業科目は、開講している学部で決定します。単位互換ができる単位数は60単位までです。

大学間単位互換制度

本学では、国内外の大学と単位互換制度を実施しています。
この制度は、協定を締結している大学で修得した単位を在籍しいてる大学の単位に振り替えるものです。
※詳細については、教務学生課に問い合わせてください。

国内

秋田大学
秋田県立大学
国際教養大学
秋田看護福祉大学
日本赤十字秋田看護大学
秋田公立美術大学
秋田栄養短期大学
聖霊女子短期大学
日本赤十字秋田短期大学
聖園学園短期大学
秋田工業高等専門学校

国外

慶煕大学校(韓国)
真理大学(台湾)
北京外国語大学(中国)
東亜大学校(韓国)
培材大学校(韓国)
モンゴル文化教育大学(モンゴル)

その他

教務関係などで、疑問・不明点がある場合は、教務学生課にお問い合わせください。