教育目標と三つの方針

教育目標

経済学部
経済社会に対応する実践的能力に長けた職業人を育成する。
経済学科
基礎力・応用力を養い、キャリアデザイン即ち職業設計を実現する就職力・仕事力を鍛え、民間分野あるいは公的分野における多様な職業で活躍する主体性と自発性を有する人材を養成する。

 

経済学部では、経済社会に対応する実践的能力に長けた職業人を育成することを教育目標としています。また、基礎力・応用力を養い、キャリアデザイン即ち職業設計を実現する就職力・仕事力を鍛え、民間分野あるいは公的分野における多様な職業で活躍する主体性と自発性を有する人材を養成することも目指しています。つまり、学問的な基礎力・応用力を身につけながら、職業設計にもとづき自らに課すことのできる人材を育成ることが経済学部経済学科の目標となっているのです。

社会が必要とするのは、生きた経済学を身につけた人材です。そのために経済学科では、専門教育を通して高い実践力を身につけることが求められています。また、経済学は選択の科学ともいわれていますが、人々が日々実行していく選択の領域は、国際・情報・人間関係・環境など、多様で広大です。人々の選択に関わる職業もまた多様で、それを学ぶにあたっても、これら多様な側面を考慮していかなければなりません。

 

このような観点から、経済学部経済学科では、学生の多様な関心に応えるべく、「公務員コース」、「金融コース」、「国際ビジネスコース」、「スポーツ経営コース」の4コースを設置しています。

 

公務員コース

社会に貢献できる公務員を養成することを目指しています。

金融コース

金融業界で活躍できる人材を養成することを目指しています。

国際ビジネスコース

地球規模でものごとを考え、多様なビジネスで活躍することのできる人材を養成することを目指しています。

スポーツ経営コース

スポーツ及び関連事業で活躍できる人材を養成することを目指しています。

 

経済学部経済学科に所属する学生は、自らの適性や職業設計にもとづき、上記の4コースのいずれかをモデルとして科目を履修し、幅広い分野で活躍すべく、目標である基礎力・実践的能力や応用力を鍛え、主体性と自発性を獲得することが期待されているのです。

 

 

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

ノースアジア大学

ノースアジア大学では、日頃から礼節を重んじ、常に整容を心がけ、将来の目標に向かってひたむきに努力する強く大きな志を持った人を求めています。

経済学部経済学科

世の中の若者を巡る社会環境は年々厳しさを増し、社会にあるほとんど全ての職業は経済と大きく関係するようになってきています。経済学科では、卒業認定(出口)、教育課程(中身)、入学者受け入れ(入口)を一体的にとらえ、卒業後の進路(出口)の観点から公務員、金融、国際ビジネス、スポーツ経営の4つのコースを設け、それぞれに応じた教育課程を整備し、入学者の受け入れ(入口)については、次のいずれかの資質・能力を備えた学生の入学を希望します。

1.公務員・警察官・消防官・教員として公的業務に携わり、地元や日本のために貢献していく意欲(公務員コース)

2.金融・販売・流通・貿易・製造・出版・運輸などいずれかの分野で活躍する目標(金融コース)

3.国際的な政治・経済・IT・情報についての自分なりの見解(国際ビジネスコース)

4.スポーツを心理・健康・経営学的な視点から理解して、スポーツ指導やスポーツ施設 経営、マスコミ・文化・サービス・エンターテイメント・環境保全・農業などに携わろうとする志向性(スポーツ経営コース)

したがって、入学希望者は、年齢・性別・文化・地域・家庭環境にかかわらず、高等学校の普通科から国際・情報・工業・農業・商業など多方面にわたる分野の各学科において、基礎的な知識・技能を、多様な人々と協働しつつ学んだり、各種の資格を取得したり、芸術・文化・スポーツ・生徒会・社会活動などを行ったりして思考力・判断力・表現力等を主体的に培って欲しいと思います。

 これらの資質・能力は、資格取得、調査書を含めた学力試験や面接試験によって評価します。

 

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

建学の精神・教育目標に基づき、教育課程編成・実施にあたり次の具体的目標を定めています。

1.豊富な知識、知識と知識を結びつける能力、そして科学的思考を育む教養教育を実践すること。

2.教養教育の上に多様化・複雑化する社会の諸方面で活躍できるリーダーを育成すること。

3.グローバルな視点で物事を捉え、異文化を理解できる能力を取得させること。

4.自発的に学び、困難に直面してもあきらめず意欲的に学び成長しようとする姿勢を効果的に修得させること。

5.地元地域や日本社会に貢献できる人材を育成するため、豊かな人間性と強固な責任感、そして高い倫理観を修得させること。

これを踏まえ経済学部経済学科では、教育課程編成・実施の方針を「学生の成長プロセスを入門、成長、飛躍、卒業・成果と細分し、それらを順に越えていくことで、一人ひとりの学生が教育目的に掲げる人材へと成長させること」としています。そのため経済学科では、学生の成長プロセスを意識した科目編成、職業人としての自覚を養うキャリア教育、高い実践的能力を培うためのコース制の3つの教育的工夫を基盤に教育課程を体系的に編成しています。

 

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

ノースアジア大学では、全学部共通で、卒業認定・学位授与の方針を次のように定めています。

1.学則に定められた期間在学し、各学部の教育目標に沿って配置した科目を履修して基準となる単位数を修得することが卒業認定・学位授与の要件となります。

2.本学では、卒業試験を課しています。卒業試験に合格することが、必修科目であるゼミナールⅢの単位修得要件となります。

 

〇経済学部経済学科 卒業認定・学位授与の方針

経済学部経済学科では、経済社会に対応する実践的能力に長けた、多様な職業で活躍する主体性と自発性を有する人材を養成することを目指しています。この目的にしたがって、入門、成長、飛躍という主体的・自発的な成長のプロセスを経て、所定の単位を修得し、卒業試験に合格したものに対して学士の学位を授与します。