奨学金制度

本学独自の奨学生制度

学業奨学生制度

学業奨学生は、申し込み制です。
新入生の方は、ノースアジア大学入学試験(秋季入学試験・編/転入学試験・社会人入学試験を除く)において申請または受験し、特に成績が優れている者の中から、選抜します。

在学生は、毎年学業成績及び学生生活の状況を鑑み、学生の模範となり得る方の中から選抜します。

  1. I種は当該年度の授業料を免除します。
  2. II種は当該年度の授業料の半額を免除します。

家族学費支援制度

入学予定者の家族が下記(卒業生・在学生)に該当する場合、支援を行う制度です。

対象【卒業生】
入学予定者の保護者又は兄弟姉妹がノースアジア大学・秋田看護福祉大学又は秋田栄養短期大学(旧名称も含む)を卒業している場合は入学金相当額から100,000円を免除します。

対象【在学生】
ノースアジア大学、秋田看護福祉大学または秋田栄養短期大学に兄弟姉妹が同時に在籍する場合において、その兄弟姉妹のいずれかの者が入学した場合、下級の者に対して当該年度授業料の1/3相当額を給付する制度です。ただし、上級学生が卒業するまでの適用となります。

詳しい内容は、ノースアジア大学入学試験要項でご確認ください。

観光奨学生(候補者)制度

国際社会において観光分野などで活躍できる人材の育成を目標として、国際観光学科に入学した学生の中から20名を上限に観光奨学生(候補者)を認定する制度です。
観光奨学生(候補者)は、本学協定校(中国、韓国、台湾等)での1年間の留学が義務付けられます。

観光奨学生には、「留学特別奨学生」と「留学奨学生」の2種類があります。

詳細は、ノースアジア大学入学試験要項でご確認ください。

※観光奨学生候補者が観光奨学生となるためには、語学検定(ハングル・中国・台湾等:3級以上)を取得する必要があります。

本学の奨学金制度は重複適用はできません。

日本学生支援機構の奨学金制度

奨学金の種類

第一種奨学金(無利子)及び第二種奨学金(有利子)

採用の種別及び手続き

  1. 定期:予約採用(高校時より認定されていた学生の本採用)
    高校在学時に予約採用候補者として認定されている新入生は、入学後、掲示ホール奨学金掲示板を確認してください。後日、インターネットによる申込みの説明会を行います。
    また、高校在学時に奨学金の貸与を受け、在学中の奨学金返還猶予を希望する学生は、入学後「在学届」を教務学生課に提出してください。
    ※説明会の日時、提出期限等については、入学後、掲示ホールの奨学金掲示板でご確認してください。
  2. 定期:在学採用
    予約採用者を除く1年生~4年生に対し、4月上旬、掲示ホールの奨学金掲示板に、説明会の日時をを掲載しますので希望する学生は必ず参加してください。
  3. 定期外:緊急採用・応急採用
    定期外の緊急・応急採用は、主たる家計支持者が失職、病気、事故、災害等で家計が急変し、就学が困難となった場合に申し込みができる奨学金制度です。定期のものとは異なりますので、申し込みが必要となった場合は、教務学生課へ問い合わせください。

選考基準

人物、健康、家計、学力(高校2・3年時の学業成績を5段階評価の評定平均値で選考)

学力基準 高校時の学業成績
第一種 平均3.5以上
第二種 平均水準の学力・明確な学習意欲があること

 

貸与月額(金額は年度により変更となる場合がある:平成22年度参考)

 
貸与月額 第一種奨学生 第二種奨学生
大学 自宅通学 54,000円
30,000円
40,000円
20,000円
20,000円~120,000円の範囲内で、1万円単位で選択。
自宅外通学 64,000円
40,000円
20,000円
50,000円
30,000円

※その他の詳しいことについては、教務学生課にお問い合わせください。

地方公共団体および民間育英団体

募集があった場合、その都度、奨学金掲示板にてお知らせしていますが、本学を経ないで募集する場合がありますので、出身地の教育委員会や福祉事務所等へお問い合わせください。