教員紹介

坂元 浩一(さかもと こういち)

画像:坂元浩一

【 受験生へのメッセージ 】

これまでに訪問した63か国、166回の訪問経験をベースに、国際経済や世界経済について語ります。欧州22か国、アフリカ19か国、アジア16か国・地域にまたがっており、パリからワシントンD.C.まで、ナイロビから上海まで、地球規模の視点で語らいましょう。

担当科目

国際経済学I・II、マーケティング基礎論、サービス・マーケティング

ゼミナール:国際経済ゼミナール
世界のいろいろな国を対象として、国際経済関係・取引とマクロ経済について、実践的な経済分析能力をつけるように指導します。

学歴(取得学位)

慶應義塾大学大学院経済学研究科 博士(経済学) (2001年)

研究分野

国際経済学、マクロ経済学

研究テーマ

発展途上国と日本・欧州を主な対象として、国際経済関係・取引とマクロ経済を総合的に分析しています。企業・金融機関の貿易・投資から政府ベースの経済協力まで扱います。

主な研究業績

区分

著書・学術論文等の名称

単著
/共著

発行所、発表雑誌等の名称

発行又は
発表年

著書

Japan and China: A Contest in Aid to Sub-Saharan Africa  (和訳名「日本と中国: サハラ以南アフリカへの援助競争」)

単著

World Scientific (Singapore)

2018

著書

教養系の国際経済論-総合的理解から次の一歩まで-

単著

大学教育出版

2012

著書

世界金融危機-歴史とフィールドからの検証-

単著

大学教育出版

2010

著書

新興市場国サーベイ-グローバル・スタンダードと構造改革-

単著

大学教育出版

2009

著書

IMF(国際通貨基金)と世界銀行-構造改革と貧困削減を中心に-

単著

大学教育出版

2008

論文

日中経済協力の展望:再認識すべき相互依存と地域開発

単著

国際開発ジャーナル
「解「国」新書」

2018

論文

中国のマクロ経済の現状と展望

単著

国際開発ジャーナル

2011

学会・社会活動

  • 学会
    日本国際経済学会
    日本評価学会(学会賞委員会委員長)
    アフリカ学会
  • 社会活動
    参議院・専門家参考人招聘(日本の政府開発援助について)
    外務省委託「(世界金融危機下における)IMF(国際通貨基金)改革」調査マネージャー
    外務省委託、日本能率協会研究所実施「中国の援助」調査アドバイザー
    総務省委託、(財)国際開発センター実施「国際協力ハンドブック」調査・調査団員(執筆)

その他(資格、賞など)