教員紹介

村中 孝司(むらなか たかし)

画像:村中孝司

【 受験生へのメッセージ 】

自然に対する私たちの知識は断片にすぎません。大学は「未知」の世界に対して自分自身で調査・分析、考察し、解き明かされていない問題に取り組むところです。

担当科目

自然科学概論I・II、地球環境学、基礎数学I・II、総合科目I・II、地域フィールドワーク、数的推理I・II、公務員養成論

ゼミナール:環境学ゼミナール
環境学ゼミナールでは、自然環境の保全を生態系と人間社会の双方の立場から考え、生態系サービスをたえず享受することのできる持続可能な社会の構築を科学的に考えることを目標にしています。公的な機関が公表する統計資料を収集・分析し、あるいは古代から近現代に至る史料を紐解き、問題を明らかにします。

学歴(取得学位)

東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了 博士(農学) (2002年)
筑波大学大学院博士課程生物科学研究科退学 修士(理学) (1999年)

研究分野

生態学、生物資源保全学

研究テーマ

 湿地生植物の保全と管理手法に関する研究
自然風景の環境価値に関する研究
史料にもとづく植物の認識と記述

主な研究業績

区分

著書・学術論文等の名称

単著
/共著

発行所、発表雑誌等の名称

発行又は
発表年

区分

著書・学術論文等の名称

単著
/共著

発行所、発表雑誌等の名称

発行又は
発表年

論文

Influences of vegetation status on seedling survival of a river endemic plant Aster kantoensis in the floodplain

単著

Landscape and Ecological Engineering 8

2012

論文

八郎湖における沈水植物の再生に与える環境要因の影響

共著

秋田県立大学ウェブジャーナル. A, 地域貢献部門 第3号

2016

論文

A new flora list of the Yatsugatake-Kawakami Forest, Agricultural and Forestry Research Center

共著

University of Tsukuba. Bulletin of Tsukuba University Forests (28)

2012

著書

外来生物の生態学-進化する脅威とその対策-

責任編集・分担執筆

文一総合出版,種生物学会編

2010

著書

人間活動と生態系(シリーズ現代の生態学3)

共同分担執筆

共立出版,日本生態学会編

2015

論文

秋田県スギ人工林に対する自然風景地としての利用可能性の検討

単著

ノースアジア大学『総合研究』第6号

2018

論文

秋田・男鹿の魚介-食生活と漁業から-

単著

ノースアジア大学
『雪国民俗』第42号

2018

論文

風の松原がもたらす生態系サービスと自然風景「白砂青松」における課題

単著

ノースアジア大学『総合研究』第5号

2017

論文

砂礫質河原の植生を対象とした植物群落の識別方法に関する検討

単著

ノースアジア大学『総合研究』第4号

2016

論文

漬物と暮らし

単著

ノースアジア大学
『雪国民俗』第40号

2016

論文

雪国と山菜の豊かさ

単著

ノースアジア大学
『雪国民俗』第39号

2015

論文

鬼怒川河川敷に残存したムラサキセンブリSwertia pseudochinensis Hara個体群と植生との関係

単著

ノースアジア大学
『総合研究』

2014

論文

“ねばり”食材の地域性 ―納豆とぎばさを中心に―

単著

ノースアジア大学
『雪国民俗』第38号

2014

論文

日本で利用される野菜・穀物の種子輸入における実態と問題点

単著

ノースアジア大学『教養・文化論集』第8巻1号

2013

論文

湖沼の干拓によって成立した水田の植生保全上の意義:茨城県潮来市の例

単著

ノースアジア大学『教養・文化論集』第7巻1号

2012

論文

The status and implications of the invasion of an alien grass on the Japanese River: Invasion condition of populations and effective control measures for introduced plant, Eragrostis curvula

単著

The Bulletin of Cultural Sciences of North Asia University 6(2)

2011

論文

茨城県潮来市に残された二次林の現状と保全上の課題

単著

ノースアジア大学『教養・文化論集』第6巻1号

2011

論文

日本人の海藻に対する認識と記述 -コンブとホンダワラ類について-

単著

ノースアジア大学『雪国民俗』第35号

2010

論文

利根川下流氾濫原における植物相と保全上重要な維管束植物の分布

単著

ノースアジア大学『教養・文化論集』第5巻1号

2010

論文

江戸時代の本草書にみる毒草(有毒植物)とその認識

単著

ノースアジア大学『雪国民俗』第34号

2009

論文

地方版レッドデータブック作成における絶滅危惧植物の選定方法と必要な情報-牛久市レッドデータブックの試み

共著

『保全生態学研究』第14巻1号

2009

論文

外来種問題における、外来生物の定義に関する資料的検討

単著

ノースアジア大学『教養・文化論集』第4巻2号

2009

論文

The restoration of gravelly floodplain vegetation and endemic plants to riparian habitat in a Japanese river

単著

Landscape and Ecological Engineering 5(1)

2009

論文

外来植物の用途・生活史・原産地・確認年代からみた地域の定着特性

単著

ノースアジア大学『教養・文化論集』第4巻1号

2009

論文

江戸時代における外来植物の認識

単著

ノースアジア大学『雪国民俗』第33号

2008

論文

外来植物の侵入年代・原産地とその用途との関連性

単著

『保全生態学研究』第13巻,1号

2008

ノート

アズマツメクサTillaea aquatica L.(ベンケイソウ科)の関東地方における新産地

共著

『植物地理・分類研究』第55巻,1号

2007

論文

Seed deposition of Eragrostis curvula, an invasive alien plant on a river floodplain

共著

Ecological Research 22(4)

2007

ノート

鬼怒川(栃木県)河川敷に生育する絶滅危惧植物ムラサキセンブリSwertia pseudochinensis (リンドウ科)

単著

『植物地理・分類研究』第54号

2006

論文

日本における外来種対策の現状と課題-特に外来緑化植物シナダレスズメガヤの侵入における問題について-

共著

『哺乳類科学』第46号

2006

論文

侵略的外来種による生態系への影響と対策

共著

『農林水産技術研究ジャーナル』第29巻,7号

2006

ノート

茨城県県南地域の水田・休耕田の自生する絶滅危惧植物マルバノサワトウガラシDeinostema adenocaulum(ゴマノハグサ科)

単著

『植物地理・分類研究』第53号

2005

論文

外来雑草は今・・・ 河川敷の侵入者たち-オオブタクサ,シナダレスズメガヤ-

単著

『植調』第39巻6号

2005

論文

特定外来生物に指定すべき外来植物種とその優先度に関する保全生態学的視点からの検討

共著

『保全生態学研究』第10巻

2005

論文

外来種の侵入が在来種の生育や生物多様性におよぼす影響について

単著

『植生情報』第9巻

2005

著書

大いなる鬼怒川

分担執筆

さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-

2007

著書

牛久における絶滅のおそれのある野生生物 <植物編>

編著

牛久市建設部緑化推進課

2006

著書

レッドデータブックとちぎ~栃木県の注目すべき地形・地質・野生動植物

分担執筆

栃木県林務部自然環境課

2005

学会・社会活動

  • 学会
    日本生態学会
    種生物学会
    応用生態工学会
    植物地理・分類学会
    日本環境教育学会
  • 社会活動
    秋田市環境審議会 委員
    日本雑草学会第54回大会 運営委員(2015)
    種生物学会 幹事(2010~2012)

その他(資格、賞など)