6月18日(金)

高杉祭で、吹奏楽部はノースアジア大学明桜高校吹奏楽部と合同で演奏を行います。練習も合同で行われることが多いため、コンビネーションは抜群です!大学生と高校生のコラボレーションで優雅なひとときを感じてもらえることでしょう。演奏は7月10日(土)11時15分からを予定しています。

 

   高杉祭での演奏に向けて毎日練習に励んでいます。(写真は4月に撮影した集合写真)

6月17日(木)

ノースアジア大学・秋田栄養短期大学の今年度の新しい大学案内が完成しました。資料請求をしてくださった方々には随時、発送しております。

学部・コースの紹介、実務・実践授業、卒業生や在学生へのインタビューなど充実した内容となっておりますので、ぜひご覧いただき、本学の魅力をより一層知っていただけたらと思います。

6月16日(水)

今日は3年生を対象とした就職ガイダンスで、第1回模擬試験としてSPI適性検査を行っていました。この適性検査は、近年、公務員試験でも導入されるケースが増えており、より良い結果のためには、出題傾向や問題形式に慣れておくことが重要です。

この機会を糧に実際の就職活動も有意義に進むように応援しています。

6月15日(火)

今年度開設科目の「国際研究入門」では、世界で起こっている様々な国際問題についてどう取り組むべきか考えていきます。この日は、模擬国連を行い、コロナや移民問題について担当学生がスピーチをした後、意見交換会を行いました。授業を通して、英語の読解力やプレゼン力の向上だけでなく、世界情勢についても深く知ることができます。

 

6月14日(月)

今年の4月に新監督が着任し、剣道部は少ない人数ながらも密度の濃い練習を定期的に行っています。昨年までは個人でのトレーニングが多く、思うように活動ができなかった部員たちにとって、練習できる今の環境がすごく充実しているように感じられました。

6月11日(金)

今日もバレー部は、体育館で練習に励んでいました。レシーブ、トス、スパイクの展開の速さは近くで見ているととても迫力がありました。秋に行われる公式戦での勝利を目指し、チーム一丸となって頑張ってもらいたいと思います!

6月10日(木)

ツーリズム実習では学生による模擬旅行会社「ノースアジアツーリスト」の社員たちが、北東北3県を巡るツアーのプラン会議を行っていました。秋田県・青森県・岩手県それぞれのツアー担当に分かれ、感染症対策を前提に各地の歴史・文化・自然・グルメなどのコンテンツを盛り込んだツアーについて、社員同士が意見交換をしていました。

6月9日(水)

International English Language Testing System(通称:IELTS(アイエルツ))は、TOEICより難易度の高いスコア形式の試験ですが、世界中で最も公平性と信頼性の高い英語能力試験として受験されています。今日の「IELTS  Ⅰ(国際観光学科開講科目)」では、語彙力を高めるためのトレーニングをしていました。高得点獲得に向け、ぜひ頑張ってもらいたいと思います!

6月8日(火)

現在、演劇部では高杉祭で上演予定である「父と暮らせば」の練習に打ち込んでいます。今日はセリフの読み合わせを行ったあと、実際の動きを取り入れた練習を行っていました。部員の感情のこもった演技は皆さんを新たな世界観へと導くことでしょう。高杉祭当日(7/10)は、ぜひ本学へ足を運んでご覧ください。

             ※セリフの読み合わせを行う演劇部員

6月7日(月)

アニメーション部と美術部は、高杉祭で合同作品展示会を行います。部員たちそれぞれが描き留めたスケッチブックの中から、選りすぐりのイラストを紹介します。他にも身近な材料を使った模型(?)を制作中の部員もいるとのことです。ぜひ見にきてください!

6月4日(金)

梅雨の季節に入り、ノースアジア大学の図書館では色とりどりの傘と、紫陽花の花が飾られています。すべて職員による手作りで、とても華やかです。次の季節はどんな飾りつけになるのでしょうか。

6月3日(木)

今日は、法学部の学生たちが設立した「㈱さくら」で授業(企業法務演習)を行っていました。充実した経営をするための価格設定と利益計算のほか、他社商品との比較などを話し合う場面では、まさに社会人と遜色のない緊張感が伝わってきました。

6月2日(水)

演劇部は、今年の高杉祭で井上ひさし原作の「父と暮らせば」を上演する予定です。笑いあり、涙ありの感動ドラマをぜひご覧いただきたいと思います。

プログラムは完成次第ホームページへ掲載予定です。

6月1日(火)

高杉祭実行委員テント部門では、全体打ち合わせを終えた後、みんなでテントを組み立てました。組み立て式テントの立て方を全員が知らないという状況でしたが、各部品がどの位置にくるかなど話し合いをしながら、協力してテントを立てていました。

5月31日(月)

29日(土)に、ウインドオーケストラ・コンサートが開かれました。大学吹奏楽部と明桜高校吹奏楽部の合同ステージによる素晴らしい演奏は、聴きにきてくださったお客様の心に響いたと思います。これからも大学吹奏楽部と明桜高校吹奏楽部の応援をお願いします。

5月28日(金)

キャリアセンター内にある「就職資料室」には、企業からの求人やインターンシップ、面接試験・SPI試験等の参考書・問題集等、豊富な就職に関する資料が保管されています。特に「就職試験報告集パワーアップガイド」には、過去に先輩たちが受験した報告内容がまとめられています。就活生に限らず、ぜひ一度目を通してみてください。

5月27日(木)

硬式野球部では、北東北大学野球連盟リーグ戦の全日程が終了し、1部リーグ残留が決定しました。多くの方々からのご支援・応援いただき、ありがとうございました。今日の練習では早速、次回の新人戦に向けて調整を行っておりました。

5月26日(水)

今年の柔道部には、経験者の新入部員2名が入部しました。部内の雰囲気も良く、練習も一層活気付いてきたように感じられます。元気いっぱい声を出し、3年生の先輩に対して、思い切って技をかけていく1年生の姿が印象的でした。

      「内股(技名)」を仕掛ける1年生(右)と返し技を狙う3年生(左)

5月25日(火)

国際観光学科専門科目「スポーツツーリズム論」は、スポーツをツーリズム(観光)の観点から、見て考える能力を身につけることを目的に、ツーリズムの重要なコンテンツとしてのスポーツの理解を深めていきます。今日は、青山学院大学陸上競技部が箱根駅伝を制した時の映像を見ながら、原晋監督の指導方法にある「目標設定することの大切さ」、「選手との信頼関係の築き方」を事例研究として学んでいました。

    学部学科間履修制度を利用し、経済や法律学科の学生も多く履修する塚原教授の講義

5月24日(月)

高杉祭実行委員会では、学内のゼミナールや学生団体(クラブ・サークル)を対象に、「模擬店出店説明会」を実施し、「出店管理」部門に所属する実行委員(学生)が、申請書類の提出方法や注意事項等について説明を行いました。

コロナ対策を充分に考慮し、工夫を凝らした企画・出店内容を、学内全体で協力し考えていきましょう!

5月21日(金)

今日の総合科目Iでは1年生を対象に図書館の利用説明が行われていました。学生たちは、図書の配置や検索の仕方など、自分たちがより良く図書館を利用するための方法を学んでいました。今後、定期試験や卒業試験など多く利用する機会があります。ぜひ、図書館を有効に活用して幅広い知識や豊かな感情を育んで欲しいと思います。

5月20日(木)

経済学部ゼミナール協議会では定例報告会が行われています。この日の議題は、渉外・企画・広報の各部門状況の報告のほか、大学祭出店に向けての準備や運動会の開催についても話し合いが行われていました。メンバーの学生たちはそれぞれの意見を出し合いながら、積極的に協議を行っていました。

5月19日(水)

国家試験等センターでは、秋田県警察官採用試験を受験する4年生を対象に、秋田東警察署の方々にご協力をいただき、出願説明を行いました。今年度より、原則としてインターネットによる出願となり、参加した学生は、記載内容等について詳細に確認し、出願書類を作成していました。

         本学OBの警察官の先輩にアドバイスを受ける学生

5月18日(火)

「令和3年度学業奨学生認定証授与式」を実施しました。「学業奨学生」は、学業成績優秀で、かつ人生に対して崇高・確固たる目標を持ち、他の学生の模範となる学生が選考されます。

授与式では、小泉副理事長より、哲学者セネカの「人生の短さについて」にある「人生は短いのではなく、私たちが短くしている」ことを例に激励を頂きました。

奨学生の皆さんには、一日一日を大切にして将来の目標に向かって頑張ってもらいたいと思います。

       式終了後、小泉副理事長と記念撮影に臨む学業奨学生21名

5月17日(月)

旅行業界唯一の国家資格「旅行業務取扱管理者」は、旅行業等において、旅行の取引条件の説明や業務の管理・監督を行います。学生は、年に1回行われる試験合格を目指し、「国内旅行業管理者の受験入門」や「総合旅行業管理者の受験入門」を受講し、日々勉強しています。

5月14日(金)

本日は、2回目の大学祭打ち合わせが行われました。今回は各担当部門ごとに分かれて顔合わせをし、今後の段取りを話し合いました。この写真は「出店」を管理する部門の話し合いの様子です。コロナ禍で難しいこともあると思いますが、このような状況だからこそ出来ることを考え、入念に準備を進めます。

5月13日(木)

東北地区大学サッカー連盟では6月より各リーグ戦が開幕予定です。本学は2部リーグに所属しており、1部リーグ復帰を目指し、日々練習を重ねています。新入部員を含めた新たなチームで頑張りますので、応援よろしくお願いします。

5月12日(水)

今日の就職ガイダンス(3年生)では、「職務適性テスト」を実施していました。このテストは学生の資質を客観的に判断するもので、今回の結果を基に、自身の適性と傾向を知り、自己分析や将来目標に対する充実した学生生活(就職活動)につなげる指針となります。

5月11日(火)

株式会社さくらでは、今日から三日間、学生食堂にて昼休みに「春の古本まつり」を開催しています。経済・法律・観光の分野に限らず、資格試験の問題集や自己啓発に関するビジネス本など、さまざまなジャンルの「古本」を全品20%OFF価格で販売中です!!

ぜひ一度、会場に足を運んでみてください。探している本がきっと見つかると思います!

5月10日(月)

本学総合研究センター前期公開講座として、5月21日より全国公開される映画『いのちの停車場』の特別先行上映会が秋田市文化会館で行われました。講座には成島出監督をお招きし、道端総合研究センター長と対談方式で、映画について深く語っていただきました。

5月7日(金)

球技同好会は、バスケットボール・バレーボール・フットサルを中心として様々な球技を行っています。週に1回の活動で誰でも気軽に楽しみながら参加することができます。この日はバレーボールのゲーム形式を行っていました。終始、サークルのメンバーからは笑顔があふれており、なごやかな雰囲気で活動していました。

5月6日(木)

3月4日に紹介した校舎入口にある「秋田蕗(ふき)」が見事に成長しました。大きいものでは人の背丈ほどにもなり、これからさらに成長が楽しみです。秋田蕗は江戸時代にはすでに塩漬けや煮物などで食されていたほか、襖(ふすま)や屏風への染め物としても広く親しまれてきました。学生たちも多くの業界や人々に親しまれる人材として、秋田蕗のように大きく成長して欲しいと思います。

4月30日(金)

今日は、高杉祭に向けて打ち合わせを行いました。今年度は各学科合わせて40名での構成となります。本番当日まで大変なこともあるかと思いますが、素晴らしい高杉祭が開催されるようにOne Teamで頑張っていきましょう!

4月29日(木)

4月も間もなく1ヵ月が過ぎようとしています。今日は祝日ですが授業実施日です。新入生は少しずつ大学生活に馴染んできた頃ですが、卒業年次の先輩たちは、公務員採用試験や企業への就職活動が本格化する時期でもあります。学園の桜もソメイヨシノ(染井吉野)からヤエザクラ(八重桜)へと移り変わりました。

4月28日(水)

国家試験等センターに所属する学生に対して、小泉理事長・学長から講話がありました。講話では、公務員合格を目指す学生たちにご自身の体験を交えながら、解らない問題へのアプローチや筆者の意図を読み解く学問の楽しさ、高い目標を持つことや目標には期限を設ける大切さを伝えていただきました。「学生たちは何にでも挑戦することができる可能性があります。どんな試験でも真剣に取り組めば受からないものはない」という言葉を受け、学生たちは学生生活を通して「いかに人生を生きていくか」を確立させてほしいと思います。

4月27日(火)

総合科目「英文リーディング・ライティング」は文法中心の科目ですが、高校まで学んできた「英語」とは異なり、実用的で生きた「英語」を学びます。学生はグループになり、講義と演習を繰り返しながら、楽しく確実に「英語力」を身につけていきます。

4月26日(月)

国際観光学科専門科目「ホスピタリティコミュニケーション」では、ゲーム形式による演習を行っていました。演習は課長役と部下役に分かれ、部下への指示や上司への指示内容の確認は、全て筆談とトランプを使用します。演習後はお互いに結果を振り返り、ビジネスシーンにおけるコミュニケーション能力を高めていました。

4月23日(金)

硬式野球部では、現在行われている北東北大学野球連盟1部リーグ戦に向けて練習を頑張っています。新入生も徐々に力をつけ始め、チームの戦力として活躍してくれることでしょう。次節の青森大学との対戦に向けて、万全を期して頑張ってほしいです。

4月22日(木)

まつり実践実習では、東北三大祭りの1つである竿燈まつりでの演技に向けて練習を行っています。「差し手」と呼ばれる持ち手の学生たちは、額や腰で竿燈のバランスを取り、華麗な大技の習得に一生懸命取り組んでいました。

開催当日はぜひ、本学学生の演技をご覧ください。

4月21日(水)

今年度の就職ガイダンスが始まりました。ガイダンス初日は、3年生を対象に「就職活動スタートアップ講座」として、花田キャリアセンター長より、就活生に求められる基本的な能力について講話がありました。来年の春に向け、インターンシップや業界研究、自己分析等を重ね、この1年間でしっかりと準備をしていってほしいと思います。

4月20日(火)

4年生のゼミナールでは、学生と個人面談を行い、ゼミナールの集大成となる卒業論文の作成に向け、活動計画を立てていました。就職活動や卒業試験等もあり、ゼミの仲間とゆっくりと話しをする機会も少なくなりますが、学生生活最後の1年間を悔いの無いよう過ごしてもらいたいと思います。

 

4月19日(月)

総合科目群の科目は学部学科を問わず、全ての学年が履修することができます。今日の「心と行動Ⅰ」では、知覚心理学の分野を中心に用語や理論を理解し、実験を交えながら授業を行っていました。受講生は、配布資料にある図形を一定の方法で見ると、その図形の一部が見えなくなるという現象を実感し、「目には盲点がある」ことを学んでいました。

4月16日(金)

今年度版の大学案内で使用する写真の撮影が行われていました。授業内容だけでなく就職支援情報や部活動、入試関連など多くの情報を載せた大学案内は6月下旬に完成予定です。

             体育館にて撮影を行うバスケットボール部

4月15日(木)

国際観光学科では、1年次に「観光論入門Ⅰ」を必修科目として履修します。これから4年間、観光を学ぶうえで必要な知識や考え方を学び、「観光」のキーワードを理解します。今日は、「観光」の定義について、その歴史的背景から学んでいました。

4月14日(水)

2~4年次に必修科目となっている「ゼミナール」は、2回の体験期間を経た後、学部学科に関係なく、最終的に希望したゼミナールへ所属します。2回目となる今日、ゼミナール初年次となる2年生の多くは、1回目と2回目でそれぞれ異なるゼミナールを体験し、自分が学びたい学問について真剣に考えている姿が見受けられました。

4月13日(火)

経済学部開講科目「現代経済入門」は、1年次必修科目となっています。まずは、日本経済の特徴とその問題点を世界経済と関連付けることで、経済学を学ぶ意義をおさえ、その全体像を把握します。2年次以降の専門科目へ向け、この授業で基礎をしっかりと身につけてほしいと思います。

4月12日(月)

令和3年度前期の授業が始まり、1週間が経過しました。「コンピュータ入門」の授業は、1年生の多く(経済学部は必修)が履修し、今後の学生生活に必要な情報技術のスキルを身につけていきます。今日は、メールの送受信等を中心に基本的な操作方法の確認をしていました。

4月9日(金)

毎年4月始めに学生の定期健康診断が行われます。特に一人暮らしの学生は、生活が不規則になりがちです。今回の診断結果を参考に自分自身の生活習慣を見直し、健康的な学生生活を送っていってほしいと思います。

      体育館で「視力検査」や「血圧測定」、「身体測定」等を行う学生

4月8日(木)

秋田市は7日観測史上、最も早く桜(ソメイヨシノ)が満開となりました。大学敷地内の桜は種類によって満開の時期は異なりますが、個性豊かな桜たちの開花が新しい年度を歓迎しているようです。今週から大学の授業が始まりました。学生の皆さんが、将来に向かって自分の能力を開花させる1年となるようエールを送ります!

4月7日(水)

女子寮の入寮式に参加しました。出身地がそれぞれ異なる新入生でしたが、この入寮式で友人や先輩たちと打ち解けてくれた笑顔が見られてホッとしました。炊事や洗濯などを自分自身で行いますが、時には先輩や友人と一緒になることもしばしば。ルールに従いながらも楽しく生活できる仲間や環境が整っています。少しでも早く寮生活に慣れて充実した学生生活を送ってほしいです。

               女子寮1階談話室にて実施

4月6日(火)

先日、男子寮では新たに入寮する新入生に対する入寮式が行われました。寮長である先輩からの挨拶と自己紹介などが行われ寮での生活がはじまりました。より良い学生生活を送るためには食事を含めた規則正しい生活が必須となります。勉強面と生活面で先輩たちからのアドバイスを受け、寮生全員の親睦がさらに深まって欲しいと願っています。

             男子寮(高杉寮)2階食堂にて実施

4月5日(月)

春を感じさせる温かい天候に恵まれ、4月3日に令和3年度入学式が行われました。新入生はいよいよ大学生活が始まります。新しい分野や将来目標への専門知識を得ることはもとより、人間性も成長して社会の多方面で活躍できる人材となって欲しいと思います。がんばれ新入生!

4月2日(金)

新入生オリエンテーションでは各学科に分かれ、学生生活や教務関係を中心に、昨日と今日の二日間ガイダンスを行いました。来週から始まる授業に備え、担当教員に相談しながら時間割を作成していました。

4月1日(木)

自宅が遠方にある硬式野球部に所属する学生は、学生寮(若杉寮)に入寮しています。新年度早々、学生寮から大学に続く山道を歩き、練習に向かう部員の姿が見受けられました。春のリーグ戦での活躍を期待しています!

3月31日(水)

明日からは新入生オリエンテーションと在学生ガイダンスが行われます。ここでは授業に関する情報提供と履修対応の仕方をはじめ、大学生活全般について説明を行います。いよいよ大学生としてのスタートが目前となりました。高い目標を持って充実した大学生活が送れるよう教職員一同、精一杯支援をしていきます!

3月30日(火)

新入生研修会2日目、国際観光学科ではグループに分かれて秋田市内のフィールドワークを行い、発表を行いました。新しい友人とテーマに沿った散策から、新たな発見やさまざまな考え方を聞くことができた貴重な体験となりました。入学後は、歴史や異文化、多言語対応などに関する知識や技術を習得しながら、将来目標の達成に向かって有意義な学生生活を送ってもらいたいと思います。

3月29日(月)

4月からの入学予定者を対象とした「新入生研修会」を今日と明日の二日間にて行われます。先生や友人との交流を図り、大学生活を具体的にイメージしながら、より良いスタートが切れるためのプログラムとなっています。受付では、多少緊張した表情をしながらも新しい大学生活に期待をしている新入生の皆さんが印象的でした。

3月26日(金)

今年度も進学説明会やオープンキャンパス等で多くの高校生の皆さんと知り合うことができました。皆さんのご参加に心より感謝申し上げます。新入生は大学生・短大生として、まもなく新たなスタートとなります。夢が目標となり、憧れが現実に近づく貴重な学生生活を本学の教職員は精一杯支援していきます。高校生の皆さんとは、4月以降も本学の各行事でお会いできることを楽しみにしています。

3月25日(木)

国家試験等センター主催「高校生向け春期公務員試験対策講座」を3月23日から3日間、カレッジプラザ(秋田市)にて実施しました。試験頻出分野である「時事問題」、「数的処理」、「日本国憲法」に絞り、過去問題の演習を中心に行いました。

3月24日(水)

国際観光学科の授業「国内観光インターンシップ」では、実際に企業等で経験をした内容をプレゼンテーション形式にて報告会を行っていました。

イベント対応や企画運営、接客等の業務経験から得られたものや課題を認識して、今後は一層将来を見据え、充実した学生生活を送って欲しいと願っています。

3月23日(火)

グラウンドの雪も解け、春季リーグ戦に向けた野球部の活動が本格化してきました。オープン戦で出た反省・課題を克服するため、実戦形式の練習を行っています。春季リーグ戦の開幕まで、1ヵ月を切りました。今年こそ、悲願の神宮大会出場を果たしてほしいです。

3月22日(月)

今年度最後となるオープンキャンパスを開催しました。オープニングセレモニーでは、ダンス同好会がかわいらしいキレのあるダンスを披露し、参加者の注目を集めていました。来年度のオープンキャンパスも様々な企画を用意して皆様の参加を心よりお待ち申し上げます。

3月19日(金)

柔道部では、4年生と最後の練習会を行いました。後輩部員たちは先輩の胸を借り、乱取り(試合形式の実戦的な練習)では積極的に稽古をつけてもらっていました。柔道で養った「自他協栄」の精神で、社会に貢献していってほしいと思います。今まで本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした!

      練習後の記念撮影(4年生は中央の学生と右から3番目の学生)

3月18日(木)

先日の卒業式に合わせ、演劇部の公演会が本学の40周年記念館271教場で行われました。演目は井上ひさしさんの『水の手紙』です。世界各国の水をめぐる問題を取り上げたメッセージ性の高い物語で、部員達はこの日に向けて練習を重ね、本番では熱い演技を披露していました。次の公演も楽しみにしています!

3月17日(水)

冬期集中講義の後半は教職課程科目を中心に、「教育の方法と技術」や「カリキュラム(教育課程)」について学びました。最終日には、それぞれが作成した学習指導案に基づいて「模擬授業」を行い、わかりやすい授業を行うにはどのようにしたらよいのか、受講生同士で改善点等を出し合っていました。

3月16日(火)

体育館では、バスケットボール部の実戦的な練習が行われていました。相手に自分のプレーを読まれない。相手の逆を突く、出し抜く。その瞬間でベストなプレーを選択する。このような駆け引きをする力や判断力が、テクニックを最大限に生かす土台となります。5月からの公式戦に向け、基本を忘れず頑張ってほしいです。

3月15日(月)

ノースアジア大学・秋田栄養短期大学「卒業証書授与式」を挙行しました。

卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます。4月からは社会人として、新しい世界へ羽ばたいていくことになります。本学で学んだ4年間(2年間)を胸に今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

         

3月12日(金)

難関試験や国家資格等に合格した学生を対象に、「資格取得者表彰式」を実施しました。合格の秘訣は、①継続的に努力し、最後まで諦めないこと、②同じ志を持つ仲間を大切にし、感謝の気持ちを忘れないことです。受賞した学生は、自信に満ちた表情で語っていました。

3月11日(木)

3月14日(日)の卒業式に向けて、様々な大学や高校、企業などから祝詞が届いています。卒業式は新型コロナウイルス感染症対策として卒業生と教職員のみで執り行いますが、今年もたくさんの方々がこうやって学生たちの卒業を祝ってくれています。今まで支えていただいた皆様からの思いと共に、当日は素晴らしい式にしていきましょう。

3月10日(水)

「本学主催合同企業説明会」を今日と明日の二日間、40周年記念館3階講堂にて開催しています。企業の方に積極的に質問し、こまめにメモを取りながら、真剣に話を聞いている学生が多く見られました。今後本格化する就職活動に備え、情報収集をしっかりと行ってもらいたいと思います。

 

3月9日(火)

雲ひとつない気持ちの良い晴天の中、サッカー場で響き渡る部員たちの声が春の訪れを感じさせます。新入生も加わり、より一層、活気溢れる練習が行われていました。今月の21日には、今シーズン初の公式戦となる天皇杯準決勝が控えています。勝利を目指して、頑張れサッカー部!

3月8日(月)

図書館では現在、教職員から寄せられた「学生に薦めたい本」を紹介しています。今回のお勧めの本には、『図書館のプロが教える「調べるコツ」』があります。調査・研究をする際には、どのようなツールを使用できるのか(レファレンス・サービス)を把握することで、講義のレポート作成に役立つだけでなく、興味・関心のある分野の視野を広げることができます。

    2階閲覧室にて4月30日まで随時開催中です。※土・日・祝日は除く。

3月5日(金)

公務員試験春季対策講座では、頻出分野である「時事」について学習しました。出題が予想されるテーマとして、「新型コロナウイルス感染症」「特別定額給付金」「Go To キャンペーン」「テレワーク」等が挙げられます。過去問題を解くだけでなく、新聞やニュースで話題になっている問題や制度を理解し、自分なりの意見を述べることができるようになることも重要です。

3月4日(木)

皆さんは「秋田ふき」をご存知でしょうか?成長すると2メートルにもなる巨大なふきです。実は校舎の入口にも植えられており、ここ数日の暖かさでふきのとうが頭を出していました。雪の下で春を待ち、ぐんぐん大きくなる秋田ふきの様子が、常に己の目標に向かって成長していく本学の学生の姿と重なります。

3月3日(水)

「フットパス実践実習」で報告会を行いました。実習では「みちのく潮風トレイル」の一部(八戸市から釜石市までの約150km)を4班に分かれ、地域の歴史と文化やまちづくり、自然との共生等について学びました。今回の経験を活かし、将来の秋田における魅力あるフットパスを提案し、実現していってほしいと思います。

3月2日(火)

硬式野球部は、グラウンドの雪解けを待ちながら、室内練習場で今日も練習をしています。来週からは、オープン戦が始まります。より一層、実戦を想定した練習を繰り返し行いながら、課題と目標を共有するミーティングにも熱が入っていました。

3月1日(月)

図書館企画「記憶を新たに 東日本大震災―あれから10年が経って」を開催しています。震災に関する様々な資料を通じて、今私たちに当たり前のようにある日常と、どんなにつらい時でも前を向き努力してきた人間の生きる力を改めて感じてほしいと思います。

2月26日(金)

経済学部では「秋田県私立大学等即戦力人材育成支援事業」として、ゼミナールごとに学生が秋田県の地域課題を設定し、1年間をかけて調査研究した成果を発表する報告会を行いました。大勢の前でプレゼンテーションを行う経験を通して、さらに学習意欲が高まることを期待しています。

2月25日(木)

冬期集中講義前半が終了しました。この日は「東洋史」が行われ、「東北アジアの民族と交流」をテーマに学びました。受講生は、教員を目指し教職課程を履修している学生から一般教養を深めたい学生まで幅広く、外は雪が降り積もり寒い中、それぞれの目標に向かって勉学に励んでいました。

2月24日(水)

大学校舎そばの桜のつぼみも膨らみ始めていました。2月も残りわずか、三寒四温を繰り返しながら、季節は少しずつ春に近づいています。間もなく卒業式、そして入学式のシーズンです。学生たちがすばらしい門出を迎えられるように、私たち職員も全力でサポートしていきます。

2月22日(月)

集中講義「キャリアサポートⅡ」では、各グループで取り上げたテーマに基づいたプレゼンテーションを行っていました。共同作業と役割分担から課題に対する様々な視点を捉え、最良の解決策を提案する。この経験は、自分の強みやコミュニケーションの大切さを認識できるだけではなく、自分と社会との関わりを考えることに繋がりキャリア形成を築くことにもなります。これからも様々な経験をしながら目標を達成するために頑張って欲しいと思います。

2月19日(金)

国家試験等センターでは、公務員試験春季対策講座を実施しています。今週は「日本国憲法」を重点的に学習しました。講座は通常講義とは異なり、1コマ50分間で問題演習が中心となります。受講生からの質問に、理解しやすいよう説明をしている先生が印象的でした。

2月18日(木)

バレーボール部では高く飛び空中での姿勢維持をしたり、強烈なスパイクを低い体勢で受け止めたりと、身体をフルに活用した練習を行っていました。スパイクやレシーブなどの技術面だけではなく、お互いに声をかけながらチームワークにも磨きをかけています。これからの成長をますます期待しています!

2月17日(水)

後期定期試験が終わり、冬季集中講義が本格的にスタートしました。法学部では「TOEIC冬季キャンプ」の講義が行われています。「TOEIC」は、日常生活やグローバルビジネスにおける活きた英語の力を測定する世界共通のテストです。受講生は少数精鋭できめ細かい指導を受けながら、高スコア獲得を目指し、勉学に励んでいます。

2月16日(火)

体育館では、サッカー部の実戦的な練習やミニゲームが行われました。スピード感溢れるパスまわし、激しくぶつかり合いながらのボール争い。選手たちは、試合さながらに汗を流しました。シーズンを迎える準備は、着々と進んでいるようです。

2月15日(月)

現在のコロナ禍という環境において、私たちがどういう状況でいまできる観光を提供できるか。模擬旅行会社ノースアジアツーリストが、「ツーリズム実習」の授業内で、秋田の良いところを再発見する「マイクロツーリズム」を実践しました。今回は横手市増田町の内蔵を訪ね、商家の伝統と誇りを感じる授業を行いました。

2月12日(金)

国際観光学科開講科目「まつり実践実習Ⅱ」では、秋田市内の「まつり」に関係のある施設を訪問しました。竿燈の技術を上達させるためにはもちろん練習も必要ですが、その歴史や文化を理解することも重要です。学生たちにとって大変有意義な研修となりました。

            ねぶり流し館にて竿燈体験をする学生たち

2月10日(水)

演劇部では顧問の先生指導のもと日々練習を行っています。声の抑揚やテンポ、感情の込め方など、どうすれば観客にストーリーの意図が伝わるのかを学生自ら考えながら表現していました。演劇を通して自分を表現することは、貴重な経験になると思います。次の公演が楽しみです!

2月9日(火)

今日も厳しい寒さが続く中、体育館では来年度の飛躍に大きな期待がかかるバスケットボール部の基礎練習に熱が入ります。目まぐるしく変化する攻防の切り替えに耐える体力、そして、技術を支える体力をこの冬で鍛えて欲しいです。

 

2月8日(月)

今日はキャリアセンター主催の「好印象メイク講座」が開催されました。外部講師をお招きして、化粧品を実際に使用しながらビジネスシーンにふさわしいメイクを学びます。参加した学生は、身だしなみやメイクの技術を習得するため真剣に取り組んでいました。

 

2月5日(金)

後期定期試験の成績発表を学年毎に行いました。満足の行く結果だった学生や悔しそうにしている学生の表情が垣間見れましたが、得られた知識や新しい考え方を確実に培うよう、来年度も充実した学生生活を送ってほしいです。

2月4日(木)

法学部国際観光学科観光コースでは、「内定者と後輩の交流会」を実施しました。

新型コロナウイルス感染症の影響で就職活動が困難な状況下で、最後まで諦めることなく内定を得た先輩方からの体験談に、後輩学生たちは大いに勇気づけられていました。

2月3日(水)

ノースアジア大学の図書館では季節に合わせて職員手作りの飾りつけを行っています。今日は立春、暦の上では春の始まりの日です。外はまだまだ寒いですが、こちらには一足先に春が来たようですね。皆さんもぜひ図書館に足を運んでみてください。

 

2月2日(火)

2月に入り、サッカー部の練習も本格化しています。昨シーズンは、1部昇格を目前とした入替戦で惜敗…。その悔しさを胸に、日々の厳しいトレーニングを乗り越えて欲しいです。今年こそ、1部昇格!!

2月1日(月)

株式会社さくら(「企業法務演習Ⅰ」)で成果報告会を行いました。社員(学生)一人ひとりがプレゼンテーション形式で発表し、今後の事業活動案について検討していました。

1月29日(金)

法学部国際観光学科「フットパス実践実習」では、昨年秋に4班に分かれ、青森県八戸市にある蕪島から岩手県大船渡市にある「綾里崎」まで南下しました。学生たちは、先生からの助言を受けながら、報告会に向け、発表資料を作成していました。

1月28日(木)

美術部・アニメーション部では、部員たちが思い思いの創作活動に取り組んでいます。好きなことを仲間達と一緒に取り組む時間も、大学生活の醍醐味ですね。

1月27日(水)

キャリアセンターでは、就職試験に備えて面接練習をする3年生が増えてきました。2022年卒業予定者を対象とした就職活動は、この3月から本格的に開始されます。今日の練習では、職員からの厳しい質問に考え込む場面も時折見られましたが、これから練習を積み重ね、本番の試験には自信をもって臨んでほしいと思います。ガンバレ!

1月26日(火)

硬式野球部では、バッティングを中心に熱の入った練習が行われました。2月からは、新入生も続々と練習に参加してきます。部員数は80名を超す大所帯となりますが、球春到来に向け、課題と達成度を確認しながら成長してもらいたいです。

1月25日(月)

今日はこれまでの大雪から一転し天気に恵まれたことで、気持ちの良いスタートを切ることができました。今日から1週間は後期定期試験です。春はもう少し先となりますが、新型コロナやインフルエンザ等に負けることなく、来年度の新しい1年に向けて頑張ってもらいたいと思います!

1月22日(金)

国際観光学科では、2月~3月に実施する「国内観光インターンシップ」に向け、事前指導を行いました。コロナ禍で実施が困難な中、受け入れていただく企業の皆様に感謝し、そこで得た知識・経験をぜひ今後に生かしてほしいと思います!

        スーツ姿で事前指導を受ける国際観光学科2年生と3年生

1月21日(木)

今日で後期の通常授業(明日は補講日)が終わります。学生たちは、総復習となる最後の授業にしっかりと出席し、担当教員の話に真剣に耳を傾け、集中して臨んでいました。

        坂元教授担当科目「アジア経済論」の授業に出席する学生

1月20日(水)

来週からの後期試験を控え、図書館ではレポート等の課題作成や試験勉強に取り組んでいる学生が多く見られました。体調管理には十分気を付け、万全な状態で試験に臨んでほしいと思います。

            レポート作成のため、文献検索を行う学生

1月19(火)

硬式野球部は来シーズンに向け準備は万端です!大雪の影響を全く受けないこの屋内練習場で、今日も選手たちは熱心に練習に励んでいました。来シーズンもすばらしい活躍を期待しています!

           屋内練習場でバッティングに励む硬式野球部員

1月18(月)

国家試験等センターの研究室に所属する学生は、同じ目標を持った仲間同士、切磋琢磨しながら日々勉強に励んでいます。今日の「税務会計研究室」では学生2名がお互いに分からない所を教え合い理解を深めていました。

        将来の目標は税理士試験合格(左)と教員免許取得(右)

1月12(火)

3連休中は秋田市内においても記録的な大雪となりました。連休明けの今日、厚生委員会では昼休みを利用して、サークル棟前階段の雪寄せを行いました。降り固まった雪はいつもより重く感じましたが、学生たちは協力し合いながら頑張っていました。今後も状況に応じて積極的に続けていきたいとのことです。

1月8(金)

経済学部教職課程科目「教育実習の指導」では、今年度の実習を終えた4年生が体験談やアドバイスの報告会を実施しました。来年度実習を控えている3年生は、新年早々、気を引き締めて、真剣に先輩の話を聞いていました。

1月7(木)

新年あけましておめでとうございます。今年は、首都圏を中心とした新型コロナウイルス感染者数の急増により、慌しいスタートとなりましたが、授業や課外活動、就職・資格支援など、より一層充実した1年にしたいと思います。本年も引き続き、本学へのご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

1228(月)

今年も早いもので残り4日となりました。新型コロナウイルス感染症に揺れ動いた波乱の1年となりましたが、皆様のお力添えがあり無事に乗り切ることが出来ました。

来る2021年も本学へのご支援とご協力の程、どうぞよろしくお願いいたします。

1225(金)

株式会社さくらでは、図書販売事業として「法律」や「観光」分野の専門書をはじめとして、幅広い分野の書籍を販売しています。今回はクリスマス期間にちなみ、「古書10%OFF!!セール」を開催し、授業に役立つ掘り出し物を探し求める学生が多く訪れました。

           12月24日・25日昼休み時間、学生ホールにて

1224(木)

経済学部ゼミナール大会の決勝大会が行われました。優勝は村中准教授の環境学ゼミナール。今年で6連覇という快挙を成し遂げました。研究テーマは「秋田県農業スマート化導入によるコスト削減予測」。ドローンなどの先端農業技術を導入することで、農業における労働時間や人件費の削減について数量分析を行いました。  

 入賞ゼミ(左から2位村中ゼミ多面的機能、1位村中ゼミスマート農業、2位市原ゼミ教育班)※2位は同率

1223(水)

法律学科2年生・3年生を中心にゼミナールでの研究成果を発表しました。法律学や心理学を中心としたテーマで大変興味深い内容でした。質疑応答の際には、学生からの積極的な質問や意見もあり、非常に充実した時間となりました。

 「新型コロナウイルスと安全保障」について発表する佐藤克枝准教授のゼミナール学生たち

1222()

今年度より本格的に始動したバスケットボール部は現在、東北大学バスケットボール連盟2部に所属し、今月は新人大会に出場しました。全国大会に出場するためには、まずは1部に昇格し、さらにリーグ戦で上位2チームに入ることが条件です。技術と体力、そして精神力を高めて強いチームとなれるよう頑張ってください!

 

      1部昇格、インカレ出場を目標に練習に励むバスケットボール部

12月21日(月)

国際観光学科では、卒業生と在学生との懇談会を実施しました。8名の卒業生から、現在の職務内容の説明や就活に関するアドバイス等をいただき、グループに分かれてさらに親睦を深めました。先輩たちの充実した社会人としての対応や自信に満ちた話し方は、在学生にとってとても良い刺激となりました。

40周年記念館にてグループに分かれて親睦を深める卒業生と在学生

12月18日(金)

先日行われた、経済学部ゼミナール大会の予選結果が本日発表され、出場した学生達は、張り出された結果に拍手をして一喜一憂していました。総勢33チームの中から合計9チームが決勝へ勝ち上がりました。予選で先生方から指摘された部分を修正する等して、さらに磨きをかけた発表を決勝で披露してくれることと思います。決勝は、来週23日に行われます。

12月17日(木)

週の始めから降り続いた雪で、大学の敷地内も真っ白です。一段と寒さが厳しくなってきましたので、体調管理にはくれぐれも気を付けましょう。寒くて家にこもりがちになってしまいますが、冬にしかできない楽しみを見つけることができるといいですね。

 

12月16日(水)

経済学部ゼミナール大会の予選が行われ、総勢33チームが出場しました。予選は3ブロックに分かれて行い、各ブロックの上位3チームが決勝大会に進むことができます。

今大会のテーマは「才能は無限大 可能性は未知数」。ゼミナールで培った力をもとに、才能を発揮し、活躍できる可能性を広げてほしいという願いが込められています。

12月15日(火)

株式会社さくらでは、臨時株主総会を実施しました。社長である学生が議長となって議事を進行し、株式の発行について決議されました。学生生活ではなかなかできない貴重な経験は、将来必ず強みになることと思います。

12月14日(月)

ダンス同好会の公演会が古田記念講堂で行われました。今回は「J-POPK-POPの違いを感じてみよう」がテーマです。学生たちは日々の練習の成果を発揮し、キレのあるダンスを披露していました。

12月11日(金)

今週の「世界の食文化」では、チェコ共和国で代表的とされる「ヴァニルコヴェー・ロフリーチュキ」を作りながら食文化について学びました。日本ではなかなか見かけることのないクッキー!生地を三日月型に成形したら、オーブンで焼き、粉砂糖をまぶすと出来上がりです。興味のある方は是非調べてみてください。ほろほろとした食感とバニラ風味がやみつきになりますよ!

12月10日(木)

12月より、図書館企画「話題の本・映像化作品の原作を読もう」が始まりました。映像として見たことのあるストーリーも、原作を読むとまた印象が違ったり、新しい発見があるかもしれません。この機会に、ぜひ気になる本を手に取ってみてはいかがでしょうか。

令和3年2月26日(金)まで随時開催 ※土・日・祝日:休館

12月9日(水)

高等学校・中学校の教育職員を目指す学生は、教職課程科目を受講し、3年次には「模擬授業」を行います。4年次に控えている「教育実習」に向けて、日々いかに生徒へ理解させることができるかを考えながら取り組んでいます。

   

教職課程科目の地理歴史科教育 で日本史の「模擬授業」を行う学生

12月8日(火)

12月になると、正門から校舎までの道がイルミネーションで飾られます。暗くなるのがめっきり早くなってしまいましたが、この時期ならではの楽しみの一つです。1日頑張った帰り道、きらきらとライトアップされている木々に癒されます。

正門から見たイルミネーション

12月7日(月)

法律学科行政コースでは、公務員試験を控えた学生と定期的に面談を行っています。国家試験等センターとも連携し、筆記試験や面接試験・体力テスト等、各学生の進捗状況を確認しています。この日は面接練習を行い、受け答えで足りなかった部分について教員からアドバイスを受けていました。

佐藤行政コース長に面接指導を受ける学生

12月4日(金) 

雪国民俗館では、今月12日に「民俗学シンポジウム」を開催します。今回のテーマは「食と文化」について。雪国民俗学研究会に所属する学生は、「きりたんぽの製法と由来」について調査結果をまとめるため、担当教職員とミーティングを行っていました。

40周年記念館1階雪国民俗館展示場にて

12月3日(木)

女子寮の談話室には、講義のレポート課題に取り組んでいる3人の寮生がいました。3人それぞれが違う学科の1年生。さまざまな視点や考え方の違いから、新たな価値観も生まれます。学生寮の生活も貴重な思い出の1つになりますね。

   

寮生が共同で利用できるキッチンを備えた談話室

12月2日(水)

本学には早いクリスマスが訪れます。国家試験等センターでは毎年恒例となっている職員お手製の「クリスマスツリー」が法学部棟4階に飾られます。

研究室の学生は、勉強で疲れた頭をこの「ツリー」を見て癒し、自身への一番のプレゼント(試験合格)をもらうため、毎日遅くまで頑張っています。

 

12月1日(火)

図書館には様々な分野の文献が揃っており、 多くの学生がレポートや論文作成のために活用しています。文献からたくさんの知識を得て、理解・関心を深めていってほしいと思います。

「生活と政治Ⅱ」の講義で学んだ政治思想家について、関係のある文献を探す学生たち

11月30日(月)

今年度の卒業生に配布する「卒業記念アルバム」の写真撮影が行われました。アルバムには個人写真の他、ゼミナールや学生団体(部活動・サークル等)毎の集合写真も掲載されます。4年生は整容をしっかりと整え、非常に引き締まった表情で写真撮影に臨んでいました。

社会に旅立つ準備は万端です!

「財務会計」について共に学んだ経済学部 國井教授のゼミナールの学生たち

11月27日(金)

学内書店では、授業テキストや参考書のほか、資格や趣味に関する本など、思いがけない発見があるかもしれません。書籍以外にも文房具なども取り扱っており、昼休みには多くの学生が利用しています。

11月26日(木)

法学部国際観光学科「フットパス実践実習」では、岩手県大船渡市にある「綾里崎」にてフィールドワークを行い、三陸リアス式海岸を展望しました。学生は4班に分かれ、青森県八戸市にある蕪島からスタートし、今回の綾里まで南下しました。実習は今回で全日程を終了し、今後はそれぞれの班で調査結果をまとめ、報告会に向けて準備をしていくことになります。

11月25日(水)

キャリアセンターでは、定期的にガイダンスを実施し、学生への就職支援を行っています。この日のテーマは、「ビジネスマナー」。学生は、メモを取りながら真剣に職員の話を聞いていました。全員が希望通りの職に就けるように、私たち職員も全力でサポートします!

11月24日(火)

国家試験等センターでは、各研究室で定期的に勉強会を実施しています。司法研究室では、検察官や大学院進学等を目指す学生が熱心に指導を受けていました。将来、法律の分野で活躍する人材がここから生まれることを期待しています!

11月20日(金)

日毎に寒さも身にしみる季節となってきました。総合科目として全学生が受講できる「スポーツの実技」では、バスケットボールやフットサル、バドミントンなど、受講生が各々選択した競技で楽しみ、爽やかな汗を流しています。

11月19日(木)

関心のある専門的な分野について、より深く学ぶことができる「ゼミナール」では、自身で定めた研究テーマに基づき、研究経過を報告し、担当教員からのアドバイスを受けながら、最終的に卒業論文としてまとめていきます。

4年生のゼミナールでは、卒業論文の完成に向け最終段階に入っています。学生生活の集大成として、頑張ってもらいたいと思います。

11月18日(水)

経済学部では年に1回、ゼミナールでの研究の成果をプレゼンテーション形式で発表する学内大会を開催しています。大会運営を行う「ゼミナール協議会」の学生は、12月16日(予選)、23日(決勝)の開催に向け、それぞれの担当部門の進捗状況を確認し、作業を進めています。

準備はこれからが本番です。ゼミ協の皆さんガンバレ!!!

 

11月17日(火)

大学の構内には売店(コンビニエンスストア)が設置されており、お弁当、飲料水、お菓子から文房具まで大学生活で必要なものはここで揃います。ランチタイムや休み時間には多くの学生が利用し、賑わいをみせています。

11月16日(月)

学生食堂では、「定食メニュー」が日替わりで提供され、栄養価が高くバランスのよい献立が人気となっています。友人同士で会話を楽しみながら、「今日は何にしようかな?」とメニューを決めるのも楽しみの一つ。学食のおいしいごはんでコロナに負けないカラダをつくり、午後の授業にも備えてほしいと思います。

11月13日(金)

柔道部では、組手から技をかける一連の流れや対応など熱心な指導を受けていました。組手は相手を掴む位置が微妙に違うだけでも、次への動作が難しくなります。指導を受けた内容を頭と身体で理解して、より強い柔道部になってほしいと思います。

11月12日(木)

自宅が遠方にある学生は、学生寮で生活を送っています。この日は、県外出身の4年生二人が一緒に勉強に取り組んでいました。男子寮で知り合い、今ではお互いに信頼し合える仲とのこと。残り少ない学生生活ですが、この寮でたくさんの思い出を残してほしいです。

11月11日(水)

国際・観光コースの授業「世界の食文化」が先月より始まりました。最初の授業では、イギリスの紅茶文化と伝統菓子であるスコーンの作り方を学びました。異文化理解から日本の現状と問題点を考え、将来は日本と世界の架け橋となれるよう頑張ってほしいと思います。

11月10日(火)

今年度の野球シーズンも終盤です。今期を振り返り、次につなげるための課題を設定します。技術向上は確かに大切ですが、頑張る気持ちを継続することや目標達成に臨む姿勢は普段の私生活にも表れます。来期には人間的にも成長してくれることを期待しています。

11月9日(月)

図書館の企画展示では「意外と知られていないパワースポット」を紹介しています。秋田県内には、まだまだ知られていないパワースポットが数多くあることにビックリ!興味がある地域を確認してみてはいかがですか?

11月6日(金)

バレーボール部は今日の練習にも熱が入っています。基本的なフィジカル・トレーニングからはじまり、複数のフォーメーションでの好守と連携を確認していました。思い通りプレーが出来た時の満足げな表情が印象的です。挨拶も爽やかで礼儀正しい好感度の高いチームです。

11月5日(木)

「フットパス実践実習」では、国際・観光コースの学生たちが岩手県沿岸でフィールドワークを行い地域の課題に取り組みました。北山崎で現地調査と観光クルーズ船からの見学をはじめ、道の駅でのインタビュー調査、地元ジオガイドからの震災遺構等に関する説明を受け有意義な実習となりました。

11月4日(水)

バスケットボール部ではフォーメーションを入念にチェックして、攻撃のバリエーションを増やす意識をした練習をしていました。パスの受け渡しの際では、仲間との連携やタイミングが非常に重要になるため、何度も繰り返し確認をしていました。これからの仕上がりがとても楽しみです!

11月2日(月)

厚生委員会の皆さんが大学敷地内の清掃ボランティアを行いました。少しずつゴミの量が減っていることに喜びと達成感を得られていると聞き、私たちも身近なところから環境や美化を意識した生活を心がけたいと思いました。ありがとう厚生委員会の皆さん!

10月31日(土)

国際観光学科国際コースでは“ハロウィン”コンテストとパーティが行われました。ヨーロッパ発祥で秋の収穫を祝うとともに、先祖を敬い悪霊を追い払うお祭りです。語学を習得し、国際感覚豊かな人材にも変身できるよう期待しています。

10月30日(金)

早いもので10月も明日で終わり。最近は朝晩の気温も低くなりました。大学の正門を抜けた坂道の木々は一層鮮やかさを増し、本格的な秋を感じさせてくれます。今年も残り2ヵ月です。来年の飛躍につなげるためにも、有意義な学生生活を過ごして欲しいと思います。

10月29日(木)

図書館のラウンジでは雑誌を気軽に閲覧できます。旅行関係のほか、ビジネス・経済・教育・観光…と種類も豊富。旅行に出かけづらい状況が続いていますが、雑誌を見ることで観光地の素晴らしさや楽しさを見つけて、旅をした気分を味わってみてはいかがですか?

10月28日(水)

ノースアジア・ツーリスト(国際・観光コースの模擬旅行会社)では、今年度も観光ツアーの企画を進めています。感染症防止対策を行いながら、地域活性化のために県内の観光地である横手・湯沢を巡るヘルス・ツーリズムを提案するなど、社員である学生たちが準備に取り組んでいます。

10月27日(火)

サッカーのフォーメーションを有効に機能させ、チームを勝利に導くためには、自分たちの役割や戦術をいかに理解して共有できるかが鍵となります。さらに相手チームを分析して、自分たちの特徴を発揮するためには何をすべきかと考える力も非常に大切です。

 

10月26日(月)

経済学科の「経済データ解析」の授業は、多くの履修学生で活気に満ちています。担当する荒幡教授は、TPP協定に関する国会答弁を行った経験を持ち、理論と実践を踏まえた魅力ある授業を行っています。受講生の中から将来、国家を支える人材が生まれる予感・・・

10月23日(金)

国際・観光コースの「まつり実践実習」では、秋田の竿燈まつりや日本の伝統文化の継承とその意義を考えます。そして、実際に竿燈の差し手やお囃子を体験して練習を重ねています。仲間と一つの目標に向かって努力すること、調和の大切さも感じてほしいと思います。

10月22日(木)

秋晴れの空の下、サッカー部は各ポジションの役割とボールの占有をいかに意識してプレーするのかを重点的に確認していました。仲間との連携強化はチーム力アップに欠かせないもの。球際の強さや諦めない気持ちも大切です。がんばれサッカー部!

10月21日(水)

ただいま図書館では「明智光秀と戦国時代」の企画展示をしています。戦国時代の武将たちは何を考え、どんな知恵を絞って生きてきたのか。戦略と戦術、生活の工夫や日頃の鍛錬などは現代の私たちにも大いに役立つヒントが隠されています。ぜひ図書館へ足を運んでください!

10月20日(火)

秋も深まり夕日が沈む時刻もめっきり早くなりました。大学のグランドでは暗い中でも運動部の学生たちの声が響いています。今年も残り2ヵ月余りとなりました。いよいよ入試シーズンです。受験生の皆さん、日々の体調管理を万全にして実力を発揮できるよう頑張ってください!

10月19日(月)

サッカー部では守護神としてゴールを守るゴールキーパーがキャッチングの練習をしていました。ゴールキーパーはフィールド全体を見渡して、素早く的確な指示を出す洞察力や判断力が求められます。ボールだけではなく、夢を確実にキャッチできるよう願っています。

10月16日(金)

北東北大学野球連盟一部に所属する本学硬式野球部は秋季のリーグ戦が終了し、今日から始まる大館トーナメント大会に出場します。目標設定や課題克服は必要な要素ですが、日々の練習の成果をいかに発揮できるかは日頃の練習と心構え次第。めざせ優勝!

10月15日(木)

法学部 国際/観光コースの「地域再生論」では、実際に地域で観光に携わっている方を大学へ招き、地方創生の現状を深く理解します。今回は、にかほ市商工観光部より自然環境を生かした観光政策の現状を聞き、秋田のヒーロー超神ネイガーの応援のもと、地域の発展を考えました。

10月14日(水)

本学の「国家試験等センター」では、公務員合格や各種資格取得を目指す学生が集まって勉強をしています。今日も硬式野球部所属の学生が目標とする仙台市役所職員採用試験に向けた個別指導を受けています。是非とも合格を勝ち取って欲しいです!

10月13日(火)

大学での授業やサークル活動を終えて帰路に向かう学生たち。大学と秋田駅を結ぶスクールバスを利用する学生も増えてくる季節となりました。新型コロナウイルスに加え、インフルエンザの流行期も近づいてきましたので、体調管理には十分気を付けましょう!

10月12日(月)

法学部の企業法務コース「企業法務演習」では、実際に設立する会社の事業内容について、事業部門ごとに分かれて課題を持ち寄り、解決策を話し合いました。大学の授業として実際に会社を設立する経験ができることから、学生たちのモチベーションも一層高まります。

10月9日(金)

法学部の行政コースでは先輩と後輩の絆が強い!例えば公務員採用試験に合格した先輩が後輩のために、効果的な問題集の使い方を親身になって教えてくれます。二次試験の論文対策では、どのようなアプローチが有効であるか、どうしたら解決策を見出せるかを一緒に考えてくれます。本音で語り合える仲間との出会い!きっと将来を輝かせてくれることでしょう。

10月8日(木)

10月に入り朝晩はすっかり気温が下がってきた今日この頃・・・。大学周辺の木々も徐々に色づき始めました。秋は何かと哀愁漂う季節となりますが、筆者にとっては食欲の秋!つい量に走りがちですが、バランスに配慮した十分な栄養補給も必要です。食べ過ぎにはくれぐれも注意しながら、後期の授業に臨んでほしいと思います。

 

10月7日(水)

法学部では、学部の代表行事「模擬裁判」[10/16(金)]のリハーサルと準備が最終段階に入っています。今回のテーマは「因果関係~責任の所在~」です。リハーサルとはいえ本番を想定した演出で、和やかな中にも緊張感を持って準備が進められています。当日ご来場の皆さまは、新型コロナ対策としてマスクの着用をお願いします。

 

10月6日(火)

法学部「企業法務コース」では、現在、実際の会社設立の準備を行っています。そして事業に対する営業や経理、企画立案などを学生が中心となって演習をしています。今後は、取締役会や株主総会を経験しながら、知識と実務能力を兼ね備えた即戦力となる人材育成をしていきます。