トピックス

[経済] 学生による研究の成果を発表 -第30回経済ゼミナール大会を開催-

12月12日と19日の両日、経済学部では、日ごろゼミナールで取り組んでいる研究内容を発表しあう経済ゼミナール大会を開催しました。 

12日の予選会を経て、19日の決勝ブロックに進んだのは6チーム。 

決勝ブロックでは、予選で教員から助言され新たな統計資料を調べて本選に臨んだチームなど、どのチームも工夫を加え、質の高い研究発表を繰り広げました。 

閉会式での審査員講評では、これまでゼミナールを通じて研究に取り組んできた努力をたたえるとともに、この経験を、卒業論文など、ぜひ今後の大学生活に生かしてほしい、といった励ましの言葉が学生たちに送られました。

今大会の入賞チームは、次のとおりです。 

 

【第30回ノースアジア大学経済ゼミナール大会 結果】 

第1位 環境論ゼミ 食育推進チーム「学校教育の現場に向けた有効な食育推進施策の検討」 

第2位 環境論ゼミ 滝チーム「滝を対象とした客観的手法に基づく魅力的な自然風景の選定」 /p>

第3位 環境論ゼミ 新規需要米チーム「新規需要米の生産促進が農家に及ぼす影響」