教員紹介

半田 幸子(はんだ さちこ)

画像:半田 幸子

【 受験生へのメッセージ】

大学で学ぶさまざまな学問を通して、世の中には多様な考え方や価値観があることを学んでほしいなと思っています。何事においても考え方や方法はひとつではありません。語学はそのことを知るひとつのきっかけになります。語学を通して一緒に視野を広げていきましょう。

担当科目

英語II・III、上級英会話、異文化理解、異文化コミュニケーション論、ヨーロッパ文化論、World Cinema・Fashion・Legends、学生生活入門I・II、TOEIC冬季キャンプ

ゼミナールI・III(国際文化論)

国際文化論の学問の基礎について理解し、自分なりの研究テーマを見つける。

国際文化論で扱われるテーマや理論を理解し、受講者各自の興味・関心に基づいて問題と仮説を立て、問題にかかるテクストを客観的に分析し、分析結果を論理的に整理して人前で発表し、さらに論理的に文章化することができる。他のゼミ生と議論することができる。

学歴(取得学位)

東北大学大学院国際文化研究科 博士(国際文化) (2020年)

研究分野

中欧文化史、国際文化論、比較文化論、外国語教育、異文化コミュニケーション論、ヨーロッパ文化論、World Cinema・Fashion・Legends

研究テーマ

1920年代および1930年代のチェコの文化史(メディア史、モード論)
映画を用いた英語教育

研究業績

区分

著書・学術論文等の名称

単著
/共著

発行所、発表雑誌等の名称

発行又は
発表年

博士論文

ジャーナリスト、ミレナ・イェセンスカーの仕事――1920年代のモード記者としての活動を中心に

単著

東北大学

2020

著書

オンライン授業の地平――2020年度の実践報告

共著

雷音学術出版

2021

研究ノート

1957年国際ペン大会に見る来日外国人の日本観――チェコ人挿絵画家ホフマイステルを中心に:研究の背景と今後の展望

単著

ノースアジア大学国際観光所『ノースアジア大学国際観光研究』第14号

2021

翻訳

ミレナ・イェセンスカーのエッセイ4選――『シンプルへの道(1926年)から抜粋

単著

東北大学国際文化研究科ヨーロッパ研究会『ヨーロッパ研究』第15号

2021

論文

ミレナ・イェセンスカーのモード論(二)(ライフスタイル編)――1920年代チェコに関する文化論的考察

単著

東北大学国際文化研究科ヨーロッパ研究会『ヨーロッパ研究』第14号

2020

論文

ミレナ・イェセンスカーのモード論(一)(服装編)――1920年代チェコに関する文化論的考察

単著

東北大学国際文化研究科ヨーロッパ研究会『ヨーロッパ研究』第13号

2019

論文

ミレナ・イェセンスカーの記事に見るモード記者の意義とその背景――チェコスロヴァキア共和国形成期において

単著

東北大学国際文化学会『国際文化研究』第21号

2015

論文

ミレナ・イェセンスカーが想定した読者――1920年代のモード記事において

単著

東北大学国際文化学会『国際文化研究』第20号

2014

論文

ミレナ・イェセンスカーの文章にみる親近性とカリスマ性――エッセイ「シンプルへの道」を題材に

単著

日本比較文化学会『比較文化研究』第111号

2014

論文

ミレナ・イェセンスカーがモードに託したメッセージ(1)――モード・エッセイ集『人が衣装をつくる』Člověk dělá šaty (1927)と初出記事との比較から

単著

日本スラヴ学研究会『スラヴ学論集』第17号

2014

研究ノート

ミレナ・イェセンスカーの男女観に関する一考察――ダブルスタンダード擁護に焦点を当てて

単著

日本スラヴ学研究会『スラヴ学論集』第21号

2018

書評

書評:飯島周、小野裕康、ブルナ・ルカーシュ編『チャペック兄弟とその時代Bratři Čapkové a jejich doba』

単著

日本スラヴ学研究会『スラヴ学論集』第21号

2018

報告書

モダン着物の流行と着想・作法の変容――服飾博物館収蔵品の事例を中心に

共著

服飾文化共同拠点/文化ファッション研究機構/文化学園大学『平成23年度服飾文化共同研究最終報告書』

2013

学会・社会活動

<学会>

 日本スラヴ学研究会

 日本国際文化学会

 映像メディア英語教育学会

<社会活動>

 福岡2017 IBSA(国際視覚障害者スポーツ連盟)テンピンボウリング世界選手権大会チェコ代表チーム通訳(2017年)

 IBSA テンピンボウリングヨーロッパオープン選手権大会2018日本代表チーム通訳(2018年)