教員紹介

力石 國男(りきいし くにお)

画像:力石國男

【 受験生へのメッセージ 】

私たちはかつてない規模の変革の時代を迎えています。先人の経験に学び、歴史に学んで、自分の人生を切り開いていきましょう。

担当科目

環境論I・II

学歴(取得学位)

東北大学大学院理学研究科 理学博士(1977年)

研究分野

地球環境学、健康科学

研究テーマ

地球環境の変動
社会環境・生活習慣が健康に与える影響

主な研究業績

区分

著書・学術論文等の名称

単著
/共著

発行所、発表雑誌等の名称

発行又は

発表年

著書

気象と気候

共著

新青森市史,別編4地学、61-157.

2009

論文

The role of atmospheric circulation in the growth of sea ice extent in marginal seas around the Arctic Ocean.

共著

Annals of Glaciology, 42, 352- 360.

2005

論文

On the growth of ice cover in the Sea of Okhotsk with special reference to its negative correlation with that in the Bering Sea.

共著

Annals of Glaciology, 42, 380-388.

2005

論文

Height dependence of the tendency for reduction in seasonal snow cover in the Himalaya and the Tibetan Plateau region, 1966-2001.

共著

Annals of Glaciology, 43, 369-377.

2006

論文

十勝平野における北西強風の発生機構に関する考察

共著

日本気象学会『天気』第53巻,773-784.

2006

論文

山形県庄内平野の強風「清川だし」の発生機構について

共著

第19回風工学シンポジウム論文集, 19-24.

2006

論文

北陸地方の強風の発生機構について

共著

第19回風工学シンポジウム論文集, 25-30.

2006

論文

雪氷圏の衛星観測-最近の季節積雪の衰退傾向-

単著

日本雪氷学会誌『雪氷』第68号, 581-587.

2006

論文

2007年2月14日に八甲田山系前岳で発生した雪崩

共著

日本雪氷学会誌「雪氷」,69, 513-518.

2007

論文

オホーツク海の海氷面積の変動に対する大気循環の影響

単著

月刊地球,40, 171-181.

2008

論文

Earlier disappearance of seasonal snow cover in the Northern Hemisphere as revealed by satellite observations through visible and micro-wave radiometers.

共著

Extended Abstract of the First International Symposium on the ArcticResearch,119 – 122.

2008

論文

最近の表層雪崩の発生事例から学ぶ実践的雪崩対策

単著

弘前大学寒地気象実験室報告,第15~21号,5-23

2009

論文

温暖化時代の青森の雪

単著

青森大学『雪国環境研究』第15号,1-11.

2009

著作

Snow pollution could be the main cause of the recent decline of the cryosphere

共著

The call of the poles ,210-211 (Le Cercle Polaire, Paris)

2009

論文

東北地方の日本海側の降雪-季節風型と低気圧型の分類-

単著

日本雪氷学会 東北支部設立25周年記念誌,33-37.

2011

論文

北極海の海氷領域の縮小機構に関する考察

単著

日本雪氷学会 東北支部設立25周年記念誌,224-229.

2011

論文

秋田の冬の気候特性

単著

ノースアジア大学『教養・文化論集』第7巻1号,202-212.

2012

論文

圧密沈降および風の影響による積雪の減少について

単著

東北の雪と生活,27,59-62.

2012

論文

国勢調査の人口データからみた出生年別の生存率の経年変化

単著

ノースアジア大学『教養・文化論集』第8巻1号,81-87.

2013

論文

稲作と藁の文化を育んだ秋田の自然環境

単著

ノースアジア大学『雪国民俗』第37号

2013

著書

岩木山の気象

共著

「岩木山を科学する」北方新社、98-108.

2014

論文

出生時の季節が寿命に与える影響

単著

ノースアジア大学「総合研究」第2号

2014

論文

雪国の暮らし-今と昔-

単著

ノースアジア大学『雪国民俗』第38号

2014

論文

都道府県別の死亡率の比較から推定される死亡要因

単著

ノースアジア大学『総合研究』第3号

2015

論文

秋田の自然の豊かさ

単著

ノースアジア大学『雪国民俗』第39号

2015

論文

都道府県別の年齢調整死亡率および10大死因別の死亡率の主成分分析

単著

ノースアジア大学『総合研究』第4号

2016

論文

山の暮らしと気象

単著

ノースアジア大学『雪国民俗』第40号

2016

著書

10大死因の死亡率に対する社会環境および生活習慣の影響

単著

ノースアジア大学『総合研究』第5号

2017

論文

秋田の海と自然環境

単著

ノースアジア大学『雪国民俗』第41号

2014

論文

太陽紫外線と治療用放射線が白血病の病因である可能性について

単著

ノースアジア大学『総合研究』第6号

2018

論文

秋田の暮らしと健康

単著

ノースアジア大学『雪国民俗』第42号

2018

学会・社会活動

  • 学会
    日本気象学会
    日本雪氷学会
    日本地球惑星科学会
    日本公衆衛生学会
    日本衛生学会
  • 社会活動
    (独)日本学術振興会科学研究費委員会 専門委員(~2007)
    琉球大学理学部外部評価委員(~2015)

その他(資格、賞など)


  • 日本雪氷学会・学術賞(2009年)
    弘前大学学長賞・名誉教授(2010年)
    東北雪氷賞・功績賞(2012年)