HOME > [2017前期公開講座] 内館牧子先生講演会を開催

 

[2017前期公開講座] 内館牧子先生講演会を開催

− 大相撲の歴史についてユーモアを交えて解説 −


6月17日に、本学総合研究センター客員教授で脚本家の内館牧子先生による講演会を開催しました。

テーマは「『生きのこる』ということ ― 相撲史に学ぶ」。

長い歴史の中で、さまざまな存続の危機に直面してきた相撲界が、どのように問題を乗り越えたかを、女性初の横綱審議委員を務めた内館先生がユーモアを交えて解説しました。

19年ぶりの日本出身横綱誕生で注目を集める現在の相撲界について語ると、参加者から大きな拍手が送られ、会場全体が盛り上がるなど、講演会は大盛況のうちに幕を閉じました。

総合研究センターでは、今後、橋本五郎先生や福岡政行先生の講演会などを開催することにしています。



 
Copyright (c)NORTH ASIA UNIVERSITY. All Rights Reserved