HOME>お星様に願いをこめて

 

お星様に願いをこめて

 

〜七夕お楽しみ会〜

7月7日、七夕の日。のびのびこども園で「七夕おたのしみ会」を開きました。

おゆうぎ室は、園児たちの願いを書いた短冊と笹の葉で飾りつけられて、すっかり七夕の雰囲気です。

はじめに、藤本剛園長が「七夕は、お米や野菜などがたくさん収穫できるように、そして、健康で過ごせるように、といった思いを短冊にこめる季節の行事です」と教えてくれました。園児たちは、モニターに映る天の川を見ながら、園長先生の話を熱心に聴いていました。

みんなで「七夕のうた」をうたった後は、この日のために一生懸命練習したダンスを披露。年長の園児が踊った「よさこい」では、曲に合わせて踊り出す小さい園児たちもいました。

ステージでは、代表の園児たちが短冊に書いた願いごとを発表。「足が早くなってオリンピックに出たい」「お父さんとお母さんがずっと元気でいられますように」とお星様にお願いしました。

お楽しみ会の最後には、先生たちが、七夕物語の劇を披露しました。大きな星の付いた、きれいな衣装を着た織姫と牛を連れた彦星が登場すると、園児たちから歓声が上がっていました。

今日の給食は、特別メニュー。「天の川スープ」「星ハンバーグ」「七夕ゼリー」などの料理で、七夕を楽しみました。



 
Copyright (c)NORTH ASIA University Nobinobi kodomoen. All Rights Reserved