HOME> 夏空のもと、園児と高校生が仲良く交流

 

夏空のもと、園児と高校生が仲良く交流

〜夏休みサッカースクール〜


7月31日、明桜高校グランドで、のびのびこども園・さくら幼稚園の園児を対象に、サッカースクールを開催しました。

ノースアジア大学と明桜高校のサッカー部監督の指導のもと、園児と高校生が交流するこの取り組みは、今年で4年目。毎回、卒園した小学生も多数参加するなど、好評を得ています。

この日は、最初に準備運動をした後、園児たちは3つの班に分かれ、高校のサッカー部員と一緒に「おいかけっこ」をして体を温めました。

その後、ボールを使ったリレーや「だるまさんがころんだ」など、チームごとに工夫したプログラムで、サッカーやボールに親しみました。

参加した部員たちは、園児がサッカーを楽しめるように、時には手をつなぎ優しくサポートしていました。

男子サッカー部員からは「サッカーを始めたときに、ボールをなかなか上手に扱えなくて大変だったことを思い出しました」「子どもたちが高校生になったときに、今日のことを思い出してくれたらうれしいです」といった感想が聞かれました。



 
Copyright (c)NORTH ASIA UNIVERSITY. All Rights Reserved