HOME> [ノースアジア大] 経済学シンポジウム「日韓経済協力の未来と秋田経済」を開催

 

[ノースアジア大] 経済学シンポジウム「日韓経済協力の未来と秋田経済」を開催


12月3日、40周年記念館で、本学経済学部・経済研究所共催の経済学シンポジウム「日韓経済協力の未来と秋田経済」を開催。一般参加者、本学学生・教職員など合わせて約180名が参加しました。

第一部は、本学と学術交流協定を締結している、韓国・東亜大学校 社会科学大学経済学科教授の金昌男氏による講演会が行われました。
「北東アジア地域の経済的安定と共同繁栄のための日韓両国の協力課題」と題して行われた基調講演では、日本と韓国の経済協力の歴史を振り返った後、日中韓の経済の現状をさまざまな角度から検証した上で、今後の共同繁栄のための協力課題について具体例が挙げられました。

第二部では、金教授のほか、秋田県貿易促進協会専務理事の石井有良氏をお招きし、本学法学部の石川竹一教授が参加、経済学部の塚谷文武准教授がコーディネーターを務めて、パネルディスカッションを行いました。
基調講演で取り上げられた内容を元に、韓国と秋田の貿易や、FTAの現状などについて具体的な状況の説明や提言が行われました。


第一部 基調講演 東亜大学校 金昌男教授
第一部 基調講演 東亜大学校 金昌男教授

第二部 パネル・ディスカッション
第二部 パネル・ディスカッション
 
Copyright (c)NORTH ASIA UNIVERSITY. All Rights Reserved